僕が登山で使っているパタゴニア トレントシェル、アズ・ジャケット レビュー

    この記事で僕が登山で使っているパタゴニア製品について紹介しました

    今回はその中のトレントシェル、アズ・ジャケットについてレビューしたいと思います。

     

    パタゴニア

    目次

    パタゴニアト レントシェル・ジャケット
    トレントシェル・ジャケットを着用して夏の燕岳に登りました

    トレントシェル・ジャケット

    トレントシェル・ジャケットはハードシェルで防水性と透湿性を備えています。

    パタゴニア独自開発のH2Noパフォーマンスというものが使われています。ゴアテックスみたいなものです。

    防水性があるのでカッパとしても使えます。

     

    僕は中間着にRフリースやナノ・エア、アウターにこのトレントシェル・ジャケットを着て年中登山をしています。

    雨の日も、風の強い日もこのレイヤリングで何とでもなりますね。

     

    僕はフルジップとプルオーバータイプの2つを持っています。

    フルジップは前部だけでなく、脇部分も大きく開いて体温調節がしやすいデザインになっています。

     

    一方、プルオーバーは風や雨の侵入を良く防ぎます。

    このジャケットは一番使用頻度が高く、南アルプスの北岳や、北アルプスの北穂高常念岳~大天井岳~燕岳縦走などに持って行きました。

    トレントシェル・ジャケットの脇部分
    このように脇が大きく開きます

    トレントシェルジャケット

    パタゴニア公式サイト メンズ・トレントシェル・ジャケット Big Sur Blue w/Andes Blue

     

    プルオーバーはよりシンプルな作りになっています。

    フルジップと違う部分は脇にジップがないところ。

    防水性・防風性は上がりますが、体温調節が難しくなります。

     

    プルオーバーの特徴は前部の大きなポケットです。

    かなり大きいので行動食から小道具まで色々入ります。

    この部分にポケットがあるジャケットってあまりないと思いますが、めちゃめちゃ使いやすいです。

    このジャケットは最近買ったのですが、厳冬期の南八ヶ岳の硫黄岳権現岳雪の丹沢大山で使って快適に過ごせました。

    トレントシェル・プルオーバー ポケット
    前部のポケットが大きく開けます。体温調節もできます。

    トレントシェル プルオーバーのポケットに行動食
    ケットに行動2つとやヘッドライトを入れた状態。まだ余裕があります。

    トレントシェル プルオーバージャケット
    ポケットの中にジャケットを収納することもできます。

    トレントシェルプルオーバー
    トレントシェル・プルオーバー
    パタゴニア トレントシェル ジャケット
    この配色が好きなデザインです

     

      パタゴニア公式サイト メンズ・トレントシェル・プルオーバー Black

     

    ◆関連記事
    ・僕が登山で使っているパタゴニア製品をまとめて紹介する
    が登山で使っている中間着、パタゴニアのRフリースジャケット レビュー

    ・パタゴニア ナノエア・フーディのレビュー

    アズ・フーディ・ジャケット

     

    [パタゴニアバナー p_banner=””]

     

    アズ・フーディジャケットはソフトシェルです。

    トレントシェルのようにシャカシャカしていないので、着心地はこちらの方がいいですね。

     

    保温性に優れていて、基本的には冬場の寒い時期に着るジャケットです。

    裏地はフリースになっていてとても暖かく、また透湿性はトレントシェルより上です。風も通しません。

    小雨や冬場の雪であれば問題ないですが、大雨はダメですね。

    パタゴニア アズ・フーディ

    アズ・フーディ パタゴニア

    パタゴニア・アズ・フーディー
    首や顔に触れる部分やわらかく肌ざわりのいい素材になっています。

    03_20161130_patagonia-poratec
    フードの裏地までフリースです。首元もしっかり閉じる冬仕様の作り

    パタゴニア・アズ・フーディ フリース
    内側はこの通りフリース素材で覆われています。温かいので冬場に活躍します。

     

    アズ・フーディを着ては色んな冬山を登りました。

    最近では雪の北横岳~大岳縦走の時ですね。全く寒さを感じませんでした。

    あとは、厳冬期の黒斑山とか、春の燕岳、雪の滝子山とか。とにかく冬に大活躍のジャケットです。

    冬季 1泊2日テント泊登山の装備・グッズ一覧を写真付きで紹介する
    厳冬期の北横岳ではパタゴニアのアズ・フーディにRフリースを着て山に登りました。

     

    パタゴニア公式サイト メンズ・アズ・ジャケット クライミング Navy Blue

     

    最後にパタゴニアのジャケットのフードについて。

    基本的にヘルメットを付けることが多いクライミングでも使えるように設計されているので、フードが大きいんです。

    僕は頭が大きいのでフードが大きいのはありがたいです。

    小さい目のフードだと、雨の日に頭や首回りが濡れちゃうんですよね(笑)

     


    amazonでパタゴニアのジャケットを探す >>

     

    ◆関連記事
    ・僕が登山で使っているパタゴニア製品をまとめて紹介する
    が登山で使っている中間着、パタゴニアのRフリースジャケット レビュー
    ・パタゴニア ナノエア・フーディのレビュー

    ・超絶軽いパタゴニアのメリノ・エア・フーディを使ったのでレビュー
    ・パタゴニアのロックパンツ レビュー
    ・パタゴニアのサイズ感について
    ・パタゴニアのセールはいつから始まるのか…
    ・パタゴニアのトレントシェルとデニムパンツの街着コーディネート

    <パタゴニア公式サイト>
    パタゴニア

    スポンサーリンク


    本日の人気記事

    コメントはお気軽にどうぞ

    メールアドレスが公開されることはありません。

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。