登山用バーナー(ストーブ)のベストな選び方 – ポイントは重さ・火力にあり【動画あり】

    登山用ガスバーナー(ストーブ・コンロ)があれば、登山のご飯の幅が広がります。

    お湯を沸かすことができるので、カップラーメン、インスタント食品、コーヒーなど自分が好きなものを作ることができます。

    また、野菜や肉を炒めて食べるなんてことも。

     

    プリムス 153ウルトラバーナー

     

    僕がバーナーを買った理由は、秋の奥多摩の御岳山山頂で食べた熱々のカップラーメンが最高に美味しかったから(笑)

    登山仲間のバーナーを借りて作ったそのカップラーメンは、今までの人生で一番美味しく感じました!

    肌寒い時期の登山やアウトドアでは、温かい食べ物はより一層美味しく感じます。

     

    目次

     

    登山用ガスバーナーの選び方

    ガスバーナーはサイズ、火力など色々な種類のものがあります。

     

    登山用としておススメなのは、

    ・小さく軽量で携帯性に優れている
    ・火力のパワーがある
    ・操作が簡単で扱いやすい

     

    これらの条件を満たしているものがいいです。

     

    153ウルトラバーナー
    手のひらに乗る大きさのプリムスの153ウルトラバーナー

     

    登山中の気象条件は多岐に渡ります。

    風が強かったり雨が降ったりしますし、高山の場合は空気が薄かったり、気温が低くて寒いことも。

    そのような悪天候でも安定したパフォーマンスが求められます

     

    登山用に僕が使っているガスバーナー

    僕が使っているのは、登山用バーナーメーカーとして有名なPRIMS(プリムス)です。

    長く使っていますが、故障することもなくどのようなコンディションでも安定して使うことができています。

    本当に素晴らしい商品で信頼できます。

     

    僕が使っているのは「153ウルトラバーナー」というモデルです。

    コンパクトで軽量。ゴトクが4本ついていて、クッカーも安定して載せられます。

    下記に写真と動画を交えて説明していきます。

     

    PRIMS(プリムス)153ウルトラバーナー 塔ノ岳

    153ウルトラバーナー
    ゴトクを広げた状態。X字の形になっていて防風性能が高いらしい

     

    153ウルトラバーナー
    ゴトクは4本ついていて、クッカーを安定して載せられる

    153ウルトラバーナー
    黒いプラグを回すとカスが放出される

    PRIMS(プリムス)153ウルトラバーナー
    付属の収納袋(7.5×8.8×3.0cm)が付いています。まさに手のひらサイズ

     

    このバーナーは、組み立てから火をつけるまでもとても簡単です。

    動画でその手順を紹介いたします。

     


    40秒過ぎよりP-153が映ります。この動画は三ツ峠でご飯を食べた時のものです。P-153は小回りがきくのでこのような場所でも問題なく使えます。

     

    一つ注意点

    このバーナーには着火装置がついていますが、高山や雨の日には付きにくいことがあります。

    ライターは必ず持っていきましょう。

     

     

    ムール貝の白ワイン蒸し風
    缶詰を直接温めて食べることもできます

    プリムス 153ウルトラバーナー
    雪山でも安定したパフォーマンス

     

    出力:4.2kW/3,600kcal/h(T型ガス使用時)
    燃焼時間:約55分(IP-250 小タイプガス使用時)
    ゴトク径:大148mm/小90mm
    収納サイズ:7.5×8.8×3.0cm
    本体重量:116g
    □ ナイロンスタッフバッグ付属

     

    PRIMUS(プリムス) P-153 ウルトラバーナー
    PRIMUS(プリムス) P-153 ウルトラバーナー

     

    ◆関連記事

    ・僕がおすすめするクッカー、登山用食器、カトラリー【動画あり】
    ・ウォーターキャリーと水筒について考える

     

     

    ガスカートリッジについて

    ガスカートリッジもプリムスは有名です。

    色々な種類がありますが、登山用としておすすめなのは、『IP-250T ハイパワーガス(小)』です。

    プリムス ガスカートリッジ

     

    ガスカートリッジはクッカーの中に入るサイズに作られていることが多く、コンパクトに収まります。

    また、153ウルトラバーナであれば大体のクッカーの中に入ります。

    PRIMS(プリムス)153ウルトラバーナー

     

    ガスバーナーの使用回数について

    1日の使用回数や、ガスの出力にもよりますが、一人分のお湯を沸かしたりインスタント食品を温めるような用途であれば、少なくても10回は使えます。

    中のガスは液体なので、カートリッジを持てば直観的に残量がわかります。

     

    PRIMUS(プリムス) GAS CARTRIDGE ハイパワーガス(小) IP-250T [HTRC 2.1]
    PRIMUS(プリムス) GAS CARTRIDGE ハイパワーガス(小) IP-250T [HTRC 2.1]

     

    ◆関連記事
    立山 山ごはん
    ・僕がおすすめする山ごはん・行動食について(フリーズドライ・レトルト・缶詰で食事を究める)
    ・登山・トレッキングの服装を画像で説明する(夏・春秋の場合)
    ・僕がおススメする登山の靴下について

    スポンサーリンク


    本日の人気記事

    コメントはお気軽にどうぞ

    メールアドレスが公開されることはありません。

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。