テント泊でサンダルを履いて過ごすということ

    テント泊で履くサンダルについて考える

     

    テント泊は本当に疲れる。でも止められません。

    なぜ、楽しいんだろう。

    まあ、あの疲労感、たまりません(笑)

     

    重い荷物を背負って山に登り、ホッと息つく瞬間はテント場が見えてきた時。

    「やっと着いた! 長かったなー」

    なんて思いながら、受付で代金を払い、テントを張る場所を探します。

     

    テント泊でサンダルを履くということ

     

    ここからがもう一苦労。

    テントを張らなきゃいけない(泣)

    本当はすぐにでも寝っ転がりたい。ビールも飲みたい。

     

    疲れた体に鞭打って、テントを立てる。

    ザックと荷物をテントに押し込む。

     

    そして、登山靴を脱ぐ。

    「あ~~」と、言う声が出ちゃうぐらいの安堵感。

     

    サーマレストのネオエアーXサーモ

     

    僕が本当に落ち着くのは、この登山靴を脱いだ時。

    テント場に着いた時じゃなくて、この靴を脱いだ瞬間です。

     

    締め付けられた足が、重い登山靴から解放されたその瞬間に「最高に」リラックスできます。

    靴下を脱げば、天にも昇る気持ち。

    戦場から戻ってきた騎士が重い鎧を脱いだ時、こんな感じの気持ちになったに違いない(笑)

     

    テント泊でサンダルを履くということ

     

    テントを張ったらテントの中で少し寝転んで、気持ちが落ち着いたら散策に出かけます。

     

    「もう、登山靴を履きたくない!」

    そう、今はリラックスタイム。そんな散策のお共はサンダルです。

     

    サンダルを履いて、歩くのが気持ちいい。

    裸足になった足先に、草や地面を感じるのが僕はすごく好きです。

     

     

    僕が使っているサンダルは、モンベルのソックオンサンダル。

    その名の通り、靴下のままでもはけるサンダル(寒いときはそれもいいね)。

     

    テント泊でサンダルを履くということ

     

     

    夕方前にはこのサンダルを履いて、水場に水汲みに。

    足先を石や岩にぶつけないように注意しながら歩いていく。

    クロックスみたいに足先が守られていないけど、嵩張らないし、ものすごく軽い。

    お気に入りのサンダルです。

     

    でも、クロックスにも興味あるなー。

    はき心地は間違いなさそうだし、今度買って山に持って行ってみようかな。

     

    水を汲んでテントまで戻ったら、クッカーとバーナーを取り出して夕ごはんの準備。

    天気が良ければ、サンダルを履いてテント脇でね。

    山で食べるごはんは最高!

     

    テント泊でサンダルを履くということ

     

     

    山ごはんはすぐには食べられない。

    アルファ米はちょっと時間がかかる。お湯を入れて15分くらい待つ。

    その待ち時間にビールをちょびちょびと飲み始める。

     

    「これだよ! テント泊が最高なのは!」

     

    そして、ふと思う。

    僕は何で辛い思いをしてまで、テント泊をしているんだろうか?

    その答えの一つは、このごはんとビールであることは間違いない(笑)

     

    mont-bell(モンベル) ソックオン サンダル
    mont-bell(モンベル) ソックオン サンダル 1129396 ネイビー×ロイヤルブルー(NV/RB) M

     

    [クロックス] サンダル クロックバンド クロッグ
    [クロックス] サンダル クロックバンド クロッグ 11016 Blazing Orange/Slate Grey US M8W10(26 cm)

     

    スポンサーリンク


    本日の人気記事

    コメントはお気軽にどうぞ

    メールアドレスが公開されることはありません。

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。