僕の登山エマージェンシーキット(緊急用品)の中身を紹介する


    登山のエマージェンシーキット

     

    登山で怖いのは道迷いによる遭難、転倒・滑落してからの怪我です。

    僕は幸いちょっと道に迷ったことはあるものの、大きな怪我や遭難によるピバークは経験していません。

    それでも、いつそのような事態が自分に降りかかってくるか分かりません。

     

    さて、エマージェンシーキットは大きく分けると2つに分類できます。

    • 怪我用キット
    • 道迷い・ピバーク用キット

    今回は、僕が登山でいつも持ち歩いているエマージェンシーキット(緊急用品)を紹介します。

     

    目次

    • 怪我用キット
    • 道迷い・ビバーク用キット

     

    怪我用キット

    • 絆創膏
    • 痛み止め、風邪薬
    • ガーゼ、マキロン
    • テーピング
    • 三角巾
    • 日焼け止め

    登山のエマージェンシーキット

     

    絆創膏は、擦り傷による軽い出血時に使いますが、それ以外にも使い道があります。

    僕は靴擦れやマメの予防として、かかとや足の指に張ることも良くあります。

    かさばらないし、軽いので多めに持っておきましょう。

     

    痛み止めは、捻挫や骨折をした場合に痛みを和らげてくれます。

    痛くてもう歩けない、でも助けてくれる人がいない時に痛み止めが助けになってくれるでしょう。

    痛め止めはイブクイックなど、即効性(数十分で効く)があるものがおススメです。

    長期山行の場合は、体調が悪化することも考えて風邪薬を準備しましょう。

     

    リ・フレッシュ救急バン Mサイズ 100枚入
    リ・フレッシュ救急バン Mサイズ 100枚入

     

    【指定第2類医薬品】イブクイック頭痛薬DX 40錠
    【指定第2類医薬品】イブクイック頭痛薬DX 40錠 ※セルフメディケーション税制対象商品

     

    登山のエマージェンシーキット 怪我をしたら

     

    ガーゼマキロンは基本的にセットで使います。

    絆創膏では間に合わない大きな裂傷を負った場合は、マキロンで消毒してガーゼを張りましょう。

    ガーゼはこの後紹介する、テーピング等で留めましょう。

     

    テーピングは、捻挫など人体を痛めた場合にその応急措置として使います。

    登山で足首を捻挫して人体を痛めた場合、テーピングで足首を固定すれば歩行の助けになるはずです。

    足首のテーピングの方法はNICHIBANのサイトで詳しく紹介されていますので、参考にして一度自分で巻いてみましょう。

     

    三角巾は腕の骨折時に、腕を吊るために使用します。

    使い方はパッケージに書いてある場合は、パッケージに入れたままにしておきましょう。

     

    白十字 FCガーゼ 1m
    白十字 FCガーゼ 1m

     

    【第3類医薬品】マキロンs 30mL
    【第3類医薬品】マキロンs 30mL

     

    ニチバン バトルウィンテーピングテープ 伸縮タイプ 50mm幅 4m巻き(伸長時) 1巻
    ニチバン バトルウィンテーピングテープ 伸縮タイプ 50mm幅 4m巻き(伸長時) 1巻

     

    白十字 FC 三角巾
    白十字 FC 三角巾

     

    登山のエマージェンシーキット 日焼け止め

     

    日焼け止めはエマージェンシーキットとしては大げさに聞こえるかもしれませんが、常時持っていくと安心です。

    夏場の森林限界を超える登山では日光に長時間さらされることで、やけどの症状になることがあります。

    「日差しが強いな」と思ったら、腕だけでなく、首回り、耳などに日焼け止めを塗りましょう。

    防御効果の高い、「SPF50+」のものを選びましょう。

     

    ニベアサン クリームケア UVクリーム
    ニベアサン クリームケア UVクリーム

     

    道迷い・ビバーク用キット

    • ライト
    • コンパス
    • 笛、ライター
    • エマージェンシーシート
    • 携帯電話
    • 電池、携帯電話用充電池

    登山のエマージェンシーキット一覧

     

    ヘッドライトは登山道具の必需品で、絶対に一つは持っておきたいもの。

    登山中に日没となった場合は、とてもじゃないけどライトなしでは歩けません。

    買う時は明るさと軽さをポイントに商品を選びましょう。


    ◆関連記事

    登山用ヘッドライトのベストな選び方 – おすすめのペツルのライトを交えて説明する

     

    僕はテント伯をするので小さなLEDランタンを持っていて、これも常に持ち歩いています。

    「ヘッドライトが万が一に使えなくなった場合を考えて…」

    ということもありますが、片手が空くようであれば、以外と手持ちのライトの方が使いやすいです。

     

    PETZL(ペツル) ACTIK CORE アクティック コア E99AB 350ルーメン ブラック
    PETZL(ペツル) ACTIK CORE アクティック コア E99AB 350ルーメン ブラック

     

    UCO(ユーコ) クラルス LEDランタン
    UCO(ユーコ) クラルス LEDランタン オレンジ 24154

     

    コンパスもヘッドライトと同じく、登山には欠かせない道具です。

    道に迷った時にコンパスと地図を持っていれば、現在地が把握できる可能性が高まります。

     

    は道に迷った時に大きな声を出さずとも、合図を送ることができます。

    笛はザックに付属している場合もあります。

    僕は小さな力で大きな音が出る笛が欲しかったので、別途購入しました。

     

    ライターは山中で遭難した時に暖をとるというよりも、「ヘリコプターが飛んでいる時に、何かを燃やして遭難地点を知らせる」という目的で使用することを想定して、ここに書きました。

    遭難救出用のヘリが遭難した自分からは見えていても、ヘリからは全く見えていなくて救出されないことは良くあることです。

     

    SILVA(シルバ) コンパス シルバ No.3 Black ECH137
    SILVA(シルバ) コンパス シルバ No.3 Black ECH137

     

    冒険倶楽部 携帯ホイッスル
    冒険倶楽部(BOHKEN CLUB) 携帯ストラップ付山菜採り危険防止ホイッスル HS-4

     

     

    登山のエマージェンシーキット エマージェンシーシート

     

    エマージェンシーシートと言えば、SOLというぐらいこのメーカーは有名ですね。

    万が一のビバーク時、山が寒いときはこれが役に立つかもしれません。

     

    携帯電話は説明するまでもありませんね。

    遭難時に携帯電話がないことは想像できません。とても重要なアイテムです。

     

    ヘッドライト、携帯電話と電子機器を動かくために必要な電力。

    山でこれらの機器が電池切れになったら、使い物になりません。

    特に遭難時に携帯電話が電池切れとなると、生存の可能性も低くなります。

    かならず、予備の電池を準備しましょう。携帯の充電池はUSBもお忘れなく。

     

    SOL(ソル) ヒートシート エマージェンシーブランケット
    SOL(ソル) ヒートシート エマージェンシーブランケット1人用 12132

     

    Anker PowerCore 10000 (10000mAh 最小最軽量 大容量 モバイルバッテリー) iPhone&Android対応
    Anker PowerCore 10000 (10000mAh 最小最軽量 大容量 モバイルバッテリー) iPhone&Android対応 *2018年5月時点 (ブラック)

     

     

    登山のエマージェンシーキットについて説明してきましたが、この記事では省きましたが他にも重要なアイテムがあります。

    例えば次のようなものです。

    • レインウェア・ダウンウェア
    • 予備の行動食、水
    • リペアーキット

     

    レインウェアやダウンウェアなどは登山中に山中でビバークする時には必要なものですし、多めの行動食や水を持っていると遭難した場合に生きて帰れる可能性が高くなります。

    リペアーキットはこちらの記事で紹介しました、ダクトテープや多機能ナイフなどです。

    こちらも緊急時に使えるものもあるでしょう。

     

    ◆関連記事
    ・登山用レインウェア(雨具)のベストな選び方
    ・インサレーションウェア(防寒着)のベストな選び方 -ダウンと化繊の比較
    ・単独行(ソロ登山)の魅力と遭難の危険について


    スポンサーリンク


    本日の人気記事

    コメントはお気軽にどうぞ

    メールアドレスが公開されることはありません。

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。