テント泊登山で使うランタンの選び方 – おすすめはLEDライト


    登山のランタンの選び方

    テント泊で必要な物の一つにランタンがあります。

    ランタンはテント内で簡易的なライトとして使用でき、夜や早朝にテント内を明るく照らして出発の準備をしたり、テント外でのご飯を作る作業を助けてくれます。

     

    LEDランタン

    テント泊 ランタン

    登山のランタンの選び方

    現在のランタンはLEDライトが主力。

    小さな電池で明るい光を長い時間作り出します。

    ランタンはLEDライトを選びましょう。

     

    4~5人用の大きなテントでない限り、ランタンは小さく軽いものがいいです。

    大きなランタンは電池も予備電池も大きくなりかなり重くなります。

     

    僕はUCO(ユーシーオー)のLEDランタンを使用しています。

    1~2人用のテントであれば十分な明るさです。

    小さいので持ち運びも便利でヘッドライトのバックアップとしても使えます。

     

    ランタンを選ぶ時は電池に注目です。

    ヘッドライトと同じ大きさのランタンを選ぶと、予備の電池を1種類に揃えることができます。

     

    冬場などの寒い季節に活躍するキャンドル・ランタン

    登山のランタンの選び方

    冬や春の雪山でテント泊する時にあると便利なのがキャンドル・ランタン。

    明るさはLEDライトに劣りますが、熱を発するのでテント内が温まります。

     

    寒い季節にはテント内を温めることはなかなかできないので、とても重宝します。

    僕は、LEDと同じくUCOキャンドル・ランタンを使っています。

     

    1本のロウソクで何と9時間も連続点灯します!

    ただし、キャンドル・ランタンの使用において注意すべきことがあります。

     

    一つはランタンの温度が上がるので、テントシートなどの燃えやすい素材に近づけないこと。

    もう一つは換気を適度にすること。

     

    ロウソクは酸素を燃やし、二酸化炭素を放出します。

    決してロウソクを付けたまま眠らないようにしましょう。

     

    ランタンのテントへの設置について

    ほとんどのテントの天井には、ランタンを下げる紐がついています。

    カラビナなどを利用してそこにランタンを下げましょう。

    ランタンの光がテント内に満遍なく広がって明るくなります。

    登山のランタンの選び方

    LEDランタンを付けるためには電池、キャンドル・ランタンならロウソク、ライターが必要になります。

    出発前にLEDランタンの電池が切れていないか、キャンドルランタンのロウソクが残っているか、ライターは忘れていないか確認しましょう。

    また、テント場で燃料切れとならないように予備の電池・ロウソクを持って行きましょう。

     

    UCO(ユーコ) クラルス LEDランタン
    UCO(ユーコ) クラルス LEDランタン オレンジ 24154

     

    UCOオリジナルのキャンドルランタン(アルマイト仕上げ)
    UCOオリジナルのキャンドルランタン(アルマイト仕上げ)

     

    ◆関連記事
    ・登山にUCOのロウソク(キャンドルランタン)を持って行くことにした
    ・登山テント泊の始め方 – 初心者からの本格入門
    春・夏・秋季(無積雪期)2泊3日テント泊登山の装備・持ち物一覧を紹介
    ・テント泊に使うザックのベストな選び方 – ポイントはヒップベルト!
    ・山岳テントの選び方
    ・登山マットの選び方
    ・登山用シュラフ(寝袋)の選び方


    スポンサーリンク


    本日の人気記事

    コメントはお気軽にどうぞ

    メールアドレスが公開されることはありません。

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。