登山リュック(ザック)のベストな選び方(2) – 軽量リュック・失敗しない購入方法

    前回の記事では、登山リュックの容量の決め方・見るべきポイントを説明しました。

    この記事では軽量リュックについて、失敗しないリュックの購入方法などについて書いていきます。

    目次

     

    軽量リュックという選択

    登山のスタイルにウルトラライト登山というものがあります。

    これは必要最低限の荷物・軽量の道具を持って行き、より軽く快適に登山を行うスタイルです。

    登山リュックにもウルトラライト志向のものがあります。

    登山リュックの選び方
    左が軽量リュック。右が通常の登山リュック。左のリュックはヒップベルト、ショルダーベルトにいたるまで軽量化が図られています。

     

    僕は初心者には軽量登山リュックはおススメしません。

    なぜなら、軽量登山リュックはリュック以外の道具も細部にいたるまで軽量化がされていないと、逆に体の負担が大きくなり疲れやすくなるからです。

    ウルトラライト志向の人は、水筒・衣料・クッカー・トレッキングポールなど、ありとあらゆる物を軽量化します。

    そうでもしなければ、軽量リュックで快適な登山はできないのです。

    登山リュックの選び方 軽量リュック
    ショルダーベルトまで軽量化がされている(左)

    登山リュックの選び方 軽量リュック
    背面パッド、ヒップベルトも厚みがなく軽量化がされている(左)

    登山リュックの選び方 軽量リュック
    軽量リュックの細いショルダーベルト(上)通常のリュックに比べると1/3程度の厚み。

     

    加えて、軽量の道具というのは高価な場合がほとんどです。

    お財布には優しくありません。

    まずは、通常のリュック・道具で登山を始めてみて、趣味として登山が続けられそうであれば軽量化を目指すのが無難です。

     

    もし、軽量登山をするのであれば、トレイルランニング用のリュックで始めるのも一つの手です。

    僕は短時間の日帰り登山の時は、こういうリュックを使うことがあります。

    登山リュックの選び方 トレイルランニング用のリュック
    サロモンのトレイルランニング用のリュック20リットル。

     

    トレイルランニング用のリュックは10リットル台の大きさが多いのですが、登山リュックとしては小さいので買うのであれば20リットル台のものがいいでしょう。

    荷物は最低限のものを持って行きます。

    トレッキングポールやクッカーなどの料理道具、予備の水は持ちません。

    荷物が軽く、平均的なコースタイムより短時間で歩くことができます。

     

    ただし、このような軽量登山を行う場合は慣れた山、低山でしか行いません。

    なぜなら、水・行動食も極力減らすため遭難した場合のリスクが高いからです。

    何度も行って道が知れている山、人が多い山ではこのような登山スタイルも可能となります。

     

    登山リュックの失敗しない購入方法

    登山リュックにも大きさがあるのは知っていますか?

    大体はS、M、Lサイズのように分かれています。

    これは、同じ背の高さでも胴体の長さが人によって違うからです。

     

    「洋服がMサイズだから、リュックもMサイズでいいよね」

    ネットでポチー。

    これはダメなんです。

    靴と同じようにその人に適したサイズを選ぶ必要があります。

     

    「自分の胴体のサイズ? 何それ」ってなりますよね。

    なので、最初のリュック選びは登山ショップに行き、店員さんに相談することをおススメします。

    どのサイズが自分に合っているかわからないことを伝えましょう。

     

    実際にリュックを背負う場合は、ヒップベルト、ショルダーベルト、ロードリフター、チェストストラップをきちんと締めてサイズ感・フィット感を見てください。

    もし可能なら、店員さんに相談してリュックの中に少し重いものを入れて、実際の登山時に近い形で試せるのかベストです。

    実際に荷物を入れると、また背負った時の感覚が違ってきます。

     

    この時、胴体に大きさが合っているのかを見るのは必須ですが、もう一つ、ヒップベルトが体に合っているか必ず見てください。

    先の記事で、「登山リュックは腰で背負う」ということを書きました。

     

    「ヒップベルトがフィットしない」

    「ヒップベルトが擦れていたい」

    と少しでも感じたら、それはサイズ選びが間違っているか、ヒップベルトが体に合っていない可能性があります。

    ここで妥協すると、今後の山行が苦痛になりますので時間をかけて色々なリュックを試しましょう。

    僕はリュックのフィッティングを確かめるために、長い時は30分以上もかけます(笑)

    登山リュックの選び方 ヒップベルトの調節
    リュックによってはヒップベルトを調節できる機能がついています。

     

     

    僕がおススメする登山リュック

    おススメの登山リュックというのは何か変な感じがします。

    人によって体型も違うので、合っているリュックも違うでしょう。

     

    それを承知で僕がおすすめするのは、グレゴリーのリュックです。

    僕は3つ持っています。日帰り用に一つ、テント泊用に2つです。

    グレゴリーは登山リュックでは、ロールスロイスと呼ばれるように、少し高いですが細部まで作りがしっかりしています。

    登山ショップでリュックを背負う機会があったら、是非、グレゴリーも試してみてください!

     

    他で有名なところではミレーのサースフェー、カリマーのリッジですかね。

    どちらのリュックも定番のロングセラー。

    登山ショップで見ましたが、細部まで良く考えられて作れています。

    これらのリュックを買えば、大きく間違うことはないでしょう。

     

    [ミレー] リュック サースフェー 30+5
    [ミレー] リュック サースフェー 30+5 MIS2048 7317 SAPHIR(M)

     

    [カリマー]中型トレッキングザック ridge40 type2 Steel Blue(スティールブルー)

    [カリマー]中型トレッキングザック ridge40 type2 Steel Blue(スティールブルー)

     

    グレゴリー ズール 35 バーニッシュドオレンジ M
    グレゴリー ズール 35 バーニッシュドオレンジ M 684324844

     

     

    ◆関連記事
    ・登山リュック(ザック)のベストな選び方(1) – 容量の決め方・見るべきポイント
    ・三ツ峠縦走でグレゴリー スタウト35を使ったのでレビューする
    ・僕がグレゴリーのザックに惚れて日帰り・テント泊登山に使い続けているお話

    スポンサーリンク


    本日の人気記事

    コメントはお気軽にどうぞ

    メールアドレスが公開されることはありません。

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。