雨・強風下でのテントの設置・撤収の方法

    テント泊をやっていると雨・強風下でテントを設置・撤収することに見舞われることがあります。

    登山前にそのような天候になりそうだと分かっていれば山行の中止・延期も可能ですが、山行途中に急激に天候が悪化することもあります。

    そのような悪天候下でも確実にテントの設置・撤収できることが求められます。

    雨の日にテントを張る
    豪雨の中の燕岳山行は大変でした

     

    雨が降っている中のテント泊

    まずはテントを張る場所について。

    雨が降っている場合、テントを張る場所は当たり前ですが雨が溜まっていない場所を選びましょう。

    それから、川や池の近くは増水する危険があるので止めです。

    それから土砂・岩石が落ちてきそうな崖下などは絶対にテントを張ってはいけません。雨で地面が緩むとその危険は高まります。

     

    テントの設置はテント内が雨で濡れないように進めます。

    まずは、ザックから素早くテントを取り出します。

    テントは通常ザックの下に入れることが多いですが、下部にジップが付いていてアクセスできるザックなら取り出すことは簡単でしょう。

    もし、下部から開けられないザックの場合、雨が降ることが予想される場合はテントを取り出し口の近くに入れておきましょう。

     

    テントはフライヤーを上手く被せて中のテントが濡れないように注意を払います。

    そして、テントが立ち上がったらザックをテントの中に入れてしまいましょう。ザックの中身が濡れるのは避けたいところです。

     

    その後は通常の手順に従ってテントを設営します。

    どんなに上手く張っても、テント内は幾分か濡れているはずです。

    そんな時に役立つのが速乾性のタオルです。

    テント内の濡れているところを綺麗に拭き取りましょう。

     

    次に雨に濡れたものを乾かす準備をします。

    前室を利用して水分を絞り取ります。

    次にテント上部には細引きを張り、濡れた靴下・インナーなどを吊るします。

    ハードシェルなどの防水性のものはタオルを使って水分を取りましょう。

     

    最後は靴。

    靴はビニール袋などに入れてテントの中で保管します。

    靴が濡れている場合には新聞紙などを詰めておきます。

    新聞紙はそう嵩張るものではないので、いくらか持って行くと役に立つことがあります。

     

    翌朝、雨が降っていれば同じように素早く撤収します。

    まずは、テント内でザックにテント以外を詰めておきます。

    この場合、テント一式はザックの上部に詰めます。

     

    また、雨が降っている状態でテントを撤収するとテントが水分で膨らんで付属の収納袋では入りにくことが多いです。

    防水性の袋、もしくはゴミ袋を準備しておき、その中にテントはしまいましょう。

     

    晴れている場合はテントをひっくり返すなどして前面を良く乾かしましょう。

    また、タオル等を使って水分を拭き取るのもいいでしょう。

    テント泊時に靴はビニール袋に入れよう
    雨の日はビニール袋に靴を入れて、新聞紙を靴の中に詰めて乾かそう

     

    強風下のテント泊

    テントを設置する場所はできれば木の周りなど風を避けられる場所がいいです。

    雨の日と同じように崖下などの落石の危険がる場所は絶対に避けましょう。

     

    テントの設置は大変です(笑)

    特に単独行の場合はなおさらです。

     

    まずは眺めの細引きを用意し、一方を岩や木などに括り付けておきます。

    それからテントを出すと当時にその細引きのもう片方でテントを括り付けて、テントが飛ばされないようにします。

     

    そう、一番怖いのはテントが飛ばされて回収できなくなること

    何が何でもテントを離さないようにしましょう。

     

    テントは通常の張り方ではなく、まずは本体をペグで地面に留めてしまい、テントの中にザックや重い石を入れてテントが飛ばないようにしましょう。

    ここまでこれば、あとは手や足をうまく使ってテントにポールを通して組み立てます。

    テントのペグダウンもしっかり行いましょう。

     

    撤収も雨の日と同じように、まずはザックの中に荷物をしまっておきます。

    テントは綺麗に畳まなくてもいいです。

    クルクルまいたら復路に入れずにザックの上部にしまってしまいましょう。

     

    スポンサーリンク


    本日の人気記事

    コメントはお気軽にどうぞ

    メールアドレスが公開されることはありません。

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。