登山靴のベストな選び方 – 山行内容に合わせて靴を選ぼう

    登山靴は快適に登山を行うための専用シューズです。

    僕は登山に履く靴をいくつか持っていて、山行内容によって使い分けています。

    一般的に、靴は自分の足の形にフィットしていて軽量であれば快適に歩くことができます。

     

    登山靴も基本的には同じ考えで、足にフィットすることが最も重要です。

    ただし、それに加えて山行内容によって適切な靴を選ぶ必要があります

     

    登山靴を選ぶ時のポイントは次の「3つ」です

    • ザックの重量
    • 山の特徴
    • 天気・気温

     

    これから上記のそれぞれのポイントについて説明していきたいと思います。

    記事の最後には、僕の過去の山行と、その時に履いた登山靴を紹介します。

    登山靴のベストな選び方
    左からトレランシューズ、軽量な登山靴(トレッキングシューズ)、堅牢な登山靴、厳冬期の登山靴

     

    ザックの重量

    ザックの重量が増すほど、足裏への負担が増します。

    足裏への負担が増すとそこが痛くなるだけだなく、マメができて歩行が難しくなることもあります。

     

    例えば、ソールが柔らかいと石などを踏んだ場合に、その形状が直に足裏に伝わり疲弊してしまいます。

    そのため、ザックの重量が重い場合(分かりやすい例ではテント泊)、ソールの堅い登山靴を選ぶといいです。

     

    堅いソールの靴は重くなる傾向がありますが、足の保護力が上がりメリットの方が大きいです。

    逆に日帰り登山のように歩行時間が短くザックが軽い場合は、トレッキングシューズのようにソールが柔らかく軽い靴が快適に歩くことができます。

    09_20160107_caravan-trecking-shoes
    このようにソールが曲がる登山靴は、重量が重いザックを背負うと足裏が疲弊しやすい

     

    山の特徴

    登山道が沢沿いで水に濡れる可能性がある場合は、ゴアテックスなどの防水性のある登山靴がいいです。

    加えてハイカットと呼ばれる、足首を覆う高さの靴だとさらに防水性が高まります。

    夏山であっても体が濡れると低体温症のリスクが高まります。

    靴の中は濡らさないように気を付けましょう。

    沢沿いの登山道
    靴が濡れると不快なだけでなく、気象条件によっては低体温症のリスクが高まる。

     

    ガレ場や岩場が多い山では、ソールが堅く、また靴の側面が堅牢な靴を選びましょう。

    足裏が疲れることを防ぎ、石や岩を蹴ってしまった際も怪我をすることが少なくなります。

    逆に言うと、水に濡れる可能性が低く、石や岩が少ない道ではトレランシューズのような軽量な靴の方が快適に歩くことができます

    18_20160107_gareba-trecking-shoes
    ガレ場が多い北アルプスなどの高山は堅牢な靴を選ぶといいです。

    19_20160107_ooyama-shoes
    丹沢の大山、高尾山のように登山道が良く整備され、日帰りでザックの重量が重くならない山行の場合はトレラン用シューズの方が快適に歩ける。

     

    天気・気温

    天気が雨の場合は、防水性でハイカットの靴がいいです。

    また、前日が雨の場合も登山道が濡れている場合があるので、防水性のある靴がいいでしょう。

     

    登山靴には雪道を歩く専用のものがあります。

    雪を蹴り、またアイゼンを付けるため堅牢な作りになっています。

    また、雪が靴の中に入りにくいように工夫されています。

     

    さらには靴の保温性を上げるために厚みがあり、裏地が起毛になっているものもあります

    指先は最も凍傷にかかりやすい部分ですので、厳冬期の登山靴選びはとても重要になります。

    厳冬期登山靴 コバ
    基本的に冬季用の登山靴にはアイゼンを装着するためのコバと呼ばれる部分があります。コバも後ろだけ、前と後ろの両方に付いた靴と種類がありアイゼンもその分種類があります。

    冬季登山靴の保温性 起毛
    冬季登山靴の裏地は保温性を高めるため、起毛になっていることが多いです。

     

    以上、登山靴を選ぶ3つのポイントを説明しました。

    「ザックの重量」、「山の特徴」、「天気・気温」を相対的考え、適切な靴を選ぶといいです。

    次に僕が使っている登山靴と、実際にその靴で登った山を紹介したいと思います。

     

    ◆関連記事
    テント泊に使うザックのベストな選び方​
    登山用のウォーターキャリーと水筒について考える

     

    僕が使っている登山靴の紹介

    Salmonのトレランシューズ

    特徴:とにかく軽い。つま先は堅くなっていて石を蹴っても痛くない。

    グリップ力も優れている。蒸れにくい工夫がされているが、防水性能はない。

    使う山:春~秋の日帰り。低山。丹沢の大山、御岳山、高尾山で使用。

    冬季登山靴の保温性 起毛

    06_20160107_trail-running-shoes

     

    キャラバンのトレッキングシューズ

    特徴:軽量、ハイカット、防水性あり。

    使う山:春~秋の日帰りで雨の予報、低山。沢や川沿いで濡れる可能性がある場合。

    塔ノ岳、鍋割山、檜洞丸で使用。

    07_20160107_caravan-trecking-shoes

     

    ラ・スポルティバ ドラゴンキューブ

    特徴:ハイカット、堅牢、防水性あり。

    使う山:春~秋のテント泊。歩行時間の長い山行。岩場の多い山。

    三ツ峠縦走塔ノ岳縦走雲取山、北アルプスの北穂高、常念岳燕岳などで使用。

    ラ・スポルティバ ドラゴンキューブ

    11_20160107_la-sportiva-dragon-cube-trecking-shoes
    耐摩耗の素材を使用。堅牢なシューズ。

    LA SPORTIVA(スポルティバ) トランゴキューブGTX男性用 11J フレイム 41
    LA SPORTIVA(スポルティバ) トランゴキューブGTX男性用 11J フレイム 41

     

    ラ・スポルティバ イエティ

    特徴:ハイカット、重くて堅牢、保温性が高い。

    使う山:冬山、雪山。アイゼンを使う場合。

    春の燕岳、冬の北横岳黒斑山で使用。

    ラ・スポルティバ イエティ

    ラ・スポルティバの登山靴の比較
    雪山用は厚みがあり、より堅牢な作りになっている。左が冬山用イエティ。右がドラゴンキューブ。

     

    SPORTIVA(スポルティバ) イエティ GTX JP 12A 41

    SPORTIVA(スポルティバ) イエティ GTX JP 12A 41


    ◆関連記事
    ・僕がおススメする登山の靴下について
    ・登山の靴擦れ・マメができる原因と対策
    ・登山リュック(ザック)のベストな選び方(1) – 容量の決め方・見るべきポイント
    ・2泊3日テント泊登山の装備・グッズ一覧を紹介 – 春・夏・秋季(無積雪期)

    スポンサーリンク


    本日の人気記事

    コメントはお気軽にどうぞ

    メールアドレスが公開されることはありません。

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。