登山靴のベストな選び方 – タイプ別の用途と特徴を説明する


    登山靴の選び方

    登山靴は快適に登山を行うための専用シューズです。

    僕は登山靴をいくつか持っていて、山行内容によって使い分けています。

     

    この記事では最初に「1.登山靴の基本構造」、次に「2.登山靴のタイプ別の用途・特徴」について説明します。

    この2つのことを知れば、登山ショップのスタッフの方にアドバイスをもらいつつ、「自分の判断で登山靴を選べる」ようになるでしょう。

    そして最後に「3.登山靴の選び方の参考」として、僕がどのタイプの登山靴を使い、どのような山に登っているのかを紹介します。

     

    目次

    1. 登山靴の基本構造
    2. 登山靴のタイプ別の用途・特徴
      • ハイカットシューズ
      • ローカットシューズ
      • 縦走用ハイカットシューズ
    3. 選び方の参考:僕の登山靴と登った山

     

    1.登山靴の基本構造

    登山道では沢や水たまりがあったり、枯れ葉・石が落ちていたり、砂場・岩場があったりとバラエティーに富んでいます。

    登山靴は、そのような登山道でも快適に歩けるように工夫がされています。

    それでは早速、登山靴の基本構造を見ていきましょう。

     

    登山靴の構造について

    • トゥーガード:硬い素材で作られていて、石や岩などに足先をぶつけた時にガードする。
    • アッパー:ミッドソールより上の部分。革が使われることもあるが、最近はゴアテックスなどの防水透湿性素材が主流となっている。
    • ミッドソール:アウトソールの上にあり、クッション機能・ショック吸収機能を持っている。
    • アウトソール:多くがゴム混合素材で作られていて、滑りにくく耐久性がある。登山靴の場合、一般の靴と比べて厚みがあり固い。

     

    登山靴の構造について

    • アンクルサポート:石ころ、木の枝、水などが靴の中に入ってくることを防ぐ。また足首を保護する。
    • ヒールガード:石や岩からかかとをガードする。
    • コバ(雪山用):雪山で歩く際にアイゼン(鋭い爪の付いた道具)を装着するための機能。

     

    簡単ではありますが、これが登山靴の基本構造です。

    各機能について知ることで、登山靴を選ぶ際に見るべきポイントが分かったと思います。

    次の章では「登山靴の3つのタイプ」を紹介し、その特徴(長所・短所)を説明していきます。

     

    2.登山靴のタイプ別の用途・特徴

    登山靴のタイプ

    登山靴には3つのタイプがあります。

    下はそれぞれのタイプ別の用途、特徴を簡単にまとめたものです。

    • ハイカットシューズ
      • 用途:日帰り登山、小屋泊
      • 長所:軽い、防水性能
      • 短所:蒸れやすい
    • ローカットシューズ
      • 用途:日帰り登山
      • 長所:とても軽い、蒸れにくい
      • 短所:防水性なし、足首のサポートなし、石ころが靴の中に入る
    • 縦走用ハイカットシューズ
      • 用途:テント泊、高山・ガレ場歩き
      • 長所:足全体のガード、足裏が痛くなりにくい、防水性能
      • 短所:重い、蒸れやすい

    それでは、各タイプの登山靴について詳細に説明していきます。

     

    ハイカットシューズ

    ハイカットの登山靴

    ハイカットシューズは登山で最も一般的なタイプです。

    トレッキングシューズと聞いて、この形をイメージする人も多いでしょう。

    基本的な機能を網羅しているので、最初に買う登山靴としておすすめです。

    • 用途:日帰り登山、小屋泊
    • 価格:1~2万円前後
    • 長所:軽い、防水性能
    • 短所:蒸れやすい

     

    僕も最初に買った登山靴は、このハイカットシューズでした。

    同じハイカットの縦走用登山靴と比べると軽く、ソールに柔軟性があって歩きやすいです。

    日帰り登山や小屋泊に適していて、様々な登山道、天気に対応できる登山靴です。

     

    ハイカットシューズの特徴

    登山靴の防水性能

     

    ハイカットシューズはアッパー部分が防水素材できていることが多く、沢沿いの道、雨天でも靴の濡れを気にすることなく軽快に歩けます。

    それから、アンクルサポートで足首までおおわれているため、石ころや枝が靴の中に入ることも少なく、ストレスなく歩くことができます。

     

    岩や木の枝で覆われる登山道
    登山道は岩・枝・落ち葉があったり、雨が降るとまた道の様相も変わる

     

    どの登山靴にもある機能ですが、ハイカットシューズにもトゥーガード・ヒールガードが付いています。

    山の中では石が散乱し、太い木の根っこが地面から飛び出していることがあります。

    ガードがあれば、間違って石や根を蹴ってしまっても足を痛めることはありません。

     

    ハイカットシューズのソールの張り替えについて

    長く登山靴を使ていると、ソールが擦り減ってきます。

    ソールの擦り減るスピードは、良く行く山の登山道の状態や登山の頻度、歩き方によっても変わります。

    ソールが擦り減ると、濡れた岩や木の根では滑りやすくなり危険です。

     

    ハイカットシューズはソールの張り替えができないことがあります。

    長く使いたい場合は、ソールの張り替えが可能か店員さんに聞いてみましょう。

     

    ローカットシューズ

    登山のローカットシューズ

    ローカットシューズは登山靴の中では最も軽く、速く歩くことができます。

    一方、短所も多いため、登山の経験を重ねた人がハイカットシューズの次に買うのがいいでしょう。

    • 用途:日帰り登山
    • 価格:1~2万円前後
    • 長所:とても軽い、蒸れにくい
    • 短所:防水性なし、足首のサポートなし、石ころが靴の中に入る

     

    ローカットシューズもハイカットシューズと同じくソールに柔軟性があり、歩きやすいのが特徴です。

    また、通気性が良くなるようにとアッパー部分は防水素材が使われてないことも多いです。

    そのため、天気の読みやすい日帰り登山におすすめです。

     

    最近はトレイルランニング(山の中で走るスポーツ)の人気が上がってきていることもあり、「ローカットシューズ = トレイルランニングシューズ」というように分類されることが多くなっています。

     

    ローカットシューズの特徴

    ローカットシューズは一見、普通のランニングシューズのように見えますが、登山道で快適に歩けるような特徴を持っています。

    足先、かかとには岩から保護するためのトゥーガード、ヒールガードが付いていて硬いです。

    また、ソールの裏側も滑りにくいように工夫がされいます。

    登山のローカットシューズのソール

     

    一方、防水性能を省いているため、雨天や沢を歩く場合は靴の中が濡れてしまいます。

    そのため、地図や天候から登山道の状態を推測し、ローカットシューズを選ぶべきかどうかが判断できなければ、靴をびしょびしょに濡らして歩くはめになってしまいます。

     

    登山靴のローカットシューズ
    通気性を上げるためにアッパー部分の防水性を省き、適度に空気が通る穴があいていることが多い

     

    また、アンクルサポートがないために足首が自由に動かせます。

    ハイカットシューズとは違って足先を細やかに動かせる利点がありますが、足首周りが露出しているために岩などで打った場合は痛いです。

     

    ローカットシューズのソールの張り替えについて

    ローカットシューズはソールの張り替えができないことがほとんどです。

    使い捨てと心得てシューズを購入しましょう。

    価格の高いローカットシューズは長く使いたいと思いますので、購入する際は念のため、店員さんに張り替えが可能か聞いてみましょう。

     

    縦走用ハイカットシューズ

    ハイカット縦走用登山靴

    縦走用ハイカットシューズは登山靴の中では最も頑丈です。

    一方、重量が重いためにハイカット・ローカットシューズと比べると、歩く軽快さは劣ります。

    • 用途:テント泊、高山・ガレ場歩き
    • 価格:2~4万円前後
    • 長所:足全体のガード、足裏が痛くなりにくい、防水性能
    • 短所:重い、蒸れやすい

     

    アウターソール、ガードが堅牢に作られているため、日本アルプスのような高山でのガレ場、岩場歩きに向いています。

    また、荷物が多くなるテント泊にも最適な登山靴です。

     

    縦走用ハイカットシューズの特徴

    基本的な構造はハイカットシューズと同じで、防水性・アンクルサポートの機能を持っています。

    縦走用シューズは日帰り用のシューズと比べると各パーツに強度があり、より過酷な状況でも耐えられるようになっています。

    足先やかかとだけでなく、シューズの側面にもガードがある場合も。またアッパー部分もより頑丈な素材が使われることが多い。

     

    北アルプスのような高山ではガレ場(岩稜地帯)が多く、足を岩にぶつけることが良くあります。

    そのような場合でも、頑丈な縦走用登山靴であれば痛み、怪我のリスクを軽減できます

     

    また、これは見た目には分かりませんが、縦走用シューズはものすごくアウトソールが硬いです。

    そのために石ころや木の根を踏んでもその感触が薄く、足裏が疲れにくいです。

     

     

    一般的なハイカットシューズ、ローカットシューズはソールを手で曲げることができます。

    ソールが柔らかいことで歩きやすさは増しますが、足裏で地面の凹凸を感じとることになります。

     

    このようなソールでは、重い荷物を背負って長い間歩くテント泊では、足つぼマットをはだしで何時間も踏んでいるようなものです。

    足裏が痛くなり、マメができるリスクも高まることになります。

    テント泊のシューズ

     

    縦走用ハイカットシューズのソールの張り替えについて

    ガレ場などの岩稜地帯、険しい山で履くことの多い縦走用ハイカットシューズはソールの擦り減りも早いです。

    特に岩場は雨で濡れると滑りやすく、高山で滑ると致命的になりかねません。

    ソールの状態には気を配りましょう。

     

    縦走用ハイカットシューズの場合はソールの張り替えができることが多いですが、店員さんに張り替え可能か聞いておきましょう。

    また、ソールの張り替えは長いと数か月かかることがありますので、張り替えは靴を使わない冬場に行うなど、そのタイミングに注意しましょう。

     

    さて、ここまで登山靴の構造・タイプ別の特徴を書いてきました。

    どのような登山靴が自分に良さそうか、選ぶ時に見るべきポイントがつかめたのではないでしょうか。

     

    もう一つ、登山靴選びで大切なことに「自分に足の形に合った登山靴かどうか」を確かめる必要があります。

    それには、次のことを知っておくといいです。

    • 登山靴のメーカー・ブランドによって靴の形が違う
    • 登山靴は専門家がいる登山ショップで買う
    • 登山用の靴下をはいて、登山靴を履く

    詳しくは「登山靴選びにまつわる失敗談をお話しする」をご覧ください。

     

    ◆関連記事
    ・(夏・春・秋)登山・トレッキングの服装・レイヤリングの基本 >>
    ・僕の日帰り登山の「持ち物・装備」を詳しく写真で紹介する >>

     

    選び方の参考:僕の登山靴と登った山

    ここからは、僕の登山靴と登った山を靴のタイプ別に紹介していきます。

     

    ハイカットシューズ

     

    登山を本格的やるようになり、初めて買った靴はキャラバンのハイカットシューズでした。

    今はもう履いていませんが、ゼビオでこのシューズを試して即購入。

    日帰り登山では奥多摩の川苔山、丹沢の大山、塔ノ岳、鍋割山、檜洞丸などで使いました。

     

    初めてのテント泊は北岳に登ったのですが、その時にこのシューズを使用して苦しめられました。

    ソールが柔らかく足裏が痛くなり、絆創膏を何枚も貼ることに…

    その後、テント泊用のシューズを買いました。

    また、この時に登山の靴下の重要性にも気づいて、靴下にもお金をかけるようになりました。

     

    ローカットシューズ

    登山のローカットシューズ

    写真はラ・スポルティバのトレラン(トレイル・ランニング)用のシューズ、「AKASHA アカシャ」です。

    これは2足目のローカットシューズで、この前はサロモンのシューズを使っていました。

     

    僕はトレランをやっていませんが、荷物が軽い日帰り登山の場合はトレランシューズを使うこともあります。

    登った山は丹沢の大山、仏果山、奥多摩の御岳山、高尾山、大菩薩嶺近くの笹子雁ヶ腹摺山などです。

     

    ハイカットシューズとローカットシューズの使い分けですが、

    • 暑い夏の時期に涼しく歩きたいとき
    • 距離が長いコースで速いスピードで歩きたいとき

    にローカットシューズを使っていることが多いです。

     

    [スポルティバ] Akasha アカシャ
    [スポルティバ] Akasha アカシャ 26Y オパール×チリ(618309) 43(27.3cm)

     

    縦走用ハイカットシューズ

    縦走用ハイカットシューズ

    僕が一番履いている登山靴が、このラ・スポルティバの縦走用ハイカットシューズです。

    初めてのテント泊で通常のハイカットシューズでは耐えらないことを実感し、この頑丈の縦走用シューズを買うことに決めました。

     

    テント泊では北アルプスの穂高連峰、常念岳→燕岳縦走、雲ノ平や黒部五郎岳などの黒部源流域で使いました。

    コバもついていて、残雪期で気温が高めなら雪山でも使用でき、GWの甲武信ヶ岳にはこれで登りました。

     

    強高度な素材で作られていて、触った瞬間に頑丈であることが分かります。

    ただ、最初に履いて思ったことは「重いなー」でした(笑)

    トレランシューズの2倍、ハイカットシューズの1.5倍ぐらいの重さがあったので、慣れるまでは疲れました。

    この靴への僕の信頼度はとても高く、今では厳冬期を除く日帰り・テント泊の登山で使っています。

     

    LA SPORTIVA(スポルティバ) トランゴキューブ
    LA SPORTIVA(スポルティバ) トランゴキューブGTX男性用 11J フレイム 41

     

    ◆関連記事
    ・登山の靴擦れ・マメができる原因と対策
    ・登山用ヘッドライトの選び方
    ・トレッキングポールの選び方
    ・ゲイター(スパッツ)の選び方&装着方法

     

    この記事は「登山装備の購入ガイド」の1パートです。


    スポンサーリンク


    本日の人気記事

    コメントはお気軽にどうぞ

    メールアドレスが公開されることはありません。

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。