登山のベースレイヤー(アンダーウェアー・下着)の選び方

    ベースレイヤー(アンダーウェアー・下着)は登山を快適にできるかどうかを左右する最も重要なアイテムの一つです。

    もし、素材が綿のものを着ているのなら止めましょう

    登山はとても汗をかきますが、綿は汗を吸収してもなかなか乾かず、じめじめとして肌に張り付きます、

    しまいには体温を下がり、風が強いような場所では低体温症のリスクが高まります。

     

    登山用のベースレイヤーには、メリノウールやポリエステルのような化学繊維を含んだものが良いです。

    そのような素材は汗を吸収すると素早く発散して、快適に過ごすことができます。

    肌が濡れることもなく、体温が下がることを防いでくれます。

    登山のベースレイヤーの選び方

    ベースレイヤーの素材について

     

    メリノウール

    メリノウールは寒い状況の中で最も適した素材です。

    一般的に同じ厚さであれば化学繊維より温かく、また薄手のメリノウールであれば温かい状況でも快適です。

    汗を吸収し、じめじめとした感じが少ないです。

     

    メリノウールの着心地はとても良いです。

    普通のウールと比べて繊維が細くて肌ざわりが良く、かゆくなることはありません。

    また、その消臭機能は素晴らしいです。

    登山のような多くの汗をかきますが、いやな臭いがほとんどしません。

     

    最初にメリノウールを着た時はこの点でとても感動します!

    夏場に何時間あるいても臭わない。

    この性質のため、テント泊のように同じものを数日着る場合はとても重宝します。

    登山のベースレイヤーの選び方
    メリノウールは汗をかいても臭いがほとんどしない

     

    化学繊維

    化学繊維(ポリエステルやポリエステル混)は雨が降るようなじめじめとした天気や、汗が噴き出るようなコンディションでも気持ちよく登山ができます。

    ようするにオールマイティー。

    技術開発により、汗の吸収・発散性に優れたものが出てきています。

     

    値段が安いものから高いものまで色々ありますが、暴風雨のような厳しいコンディションでなければ安いものでも問題ないです。

    化学繊維であれば、ランニングウェアのTシャツなど、他のスポーツのものを使ってもいいでしょう。

     

    メリノウールに劣っているところは汗の臭いです。

    汗を長時間かいた後では、その匂いを防ぐことはできないです。

    登山のベースレイヤーの選び方
    パタゴニアのキャプリーンの裏地の画像。織り方が独特で汗を素早く吸収し、生地が薄くても温かい。

    登山のベースレイヤーの選び方
    下着はユニクロを使うことが多い。素材はポリエステル混で綿が入っていないものを。厳冬期登山でも問題なく使えます。

     

    季節・気温で選ぶベースレイヤーの素材の厚さ

    ベースレイヤーには厚さの種類が複数準備されていることが多いです。

    夏場のように暑い時は薄手のものを、初春、冬、晩秋のような寒い時期にはより厚手のものが良いです。

    ただ、見た目にはどの季節・気温に適したもの分かりにくいこともありますので、店員さんに聞いたり、ネット通販であればよく説明文を読みましょう。

     

    半袖か長袖か。Tシャツでも問題ない?

    登山のベースレイヤーの選び方

    登山では一般的に長袖の方がいいと言われています。

    その理由の一つに日焼け対策があります。

    登山では森林限界を超えた尾根や、頂上付近など太陽の日光を強く浴びる場所があります。

     

    そのような時には低温やけどのような状態になることがあります。

    そのなると体調を崩しこともあります。日焼けは思っている以上に体にダメージを与えます。

    特にテント泊のような長期間登山をする場合は日焼け対策は重要になります。

     

    長袖が勧められるもう一つの理由は怪我の防止です。

    岩を登ったり、木々の間を抜けたりと体が傷つくような場所がいくつもあります。

    長袖であれば、そのような場所でも体に傷がつくのを防いでくれます。

     

    では、半袖ではいけないのか?

    そんなことはありません。僕は暑い夏場には半袖を着て登山をすることが良くあります。

    日焼け止めを塗って、体に傷がつきそうな場所ではハードシェルを着れば何の問題もないです。

     

    素材が綿ではなく、メリノウールや化学繊維であればTシャツでも問題ありません。

    僕はランニングTシャツを着て登ることも良くあります。

     

    寒いコンディションに着るベースレイヤーにあるといい特徴

    風が強い、気温が低いような厳しい気候に着るようなベースレイヤーの中には夏用のベースレイヤーにない特徴を持っているものがあります。

    代表的なものはフードが付いているもの。

    顔をすっぽり覆うことができ、さらにその上にシェルのフードを被れば厳しいコンディションでも問題なく登山ができます。

    バラクラバを持ち歩く必要もありません。

     

    もう一つは手先を覆えるもの。

    手袋のように手全体を覆うことはありませんが、少し寒い時は袖を伸ばすことにより冷える手先・指先をカバーできます。

    登山のベースレイヤーの選び方
    フード付きのベースレイヤーは寒冷のコンディションで重宝します

    登山のベースレイヤーの選び方
    手先をカバーするベースレイヤー。

     

    メリノウール

    (パタゴニア)patagonia M’s Merino MW Crew 36722 [メンズ]
    (パタゴニア)patagonia M's Merino MW Crew 36722 [メンズ]

    (モンベル)mont-bell スーパーメリノウール EXP.ラウンドネックシャツ Men’s 1107581 BK ブラック M
    (モンベル)mont-bell スーパーメリノウール EXP.ラウンドネックシャツ Men's 1107581 BK ブラック M

     

    化学繊維

    (モンベル)mont-bell ジオラインM.W.ラウンドネックシャツ Men’s 1107525 BK ブラック M
    (モンベル)mont-bell ジオラインM.W.ラウンドネックシャツ Men's 1107525 BK ブラック M

    (パタゴニア)patagonia M’s Cap MW Crew 44425 BLK S
    (パタゴニア)patagonia M's Cap MW Crew 44425 BLK S

     

    ◆関連記事
    ・僕の日帰り登山の「持ち物・装備」を詳しく写真で紹介する

     

    スポンサーリンク


    本日の人気記事

    コメントはお気軽にどうぞ

    メールアドレスが公開されることはありません。

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。