登山のベースレイヤー(肌着・下着)の選び方

     

    ベースレイヤー(肌着・下着)は、快適に登山ができるかどうかを左右する重要なアイテムです。

    登山中はとても多くの汗をかくため、メリノウールやポリエステルのような化学繊維を含んだ素材が良いです。

    綿アイテムはNG。風が強い場所では低体温症のリスクが高まります。

     

    目次

    • ベースレイヤーの素材について
      • メリノウール
      • 化学繊維
    • 季節・気温で選ぶベースレイヤーの生地の厚さ
    • 半袖か長袖か。Tシャツでも問題ない?
    • 寒いコンディションで着るベースレイヤーにあるといい特徴

     

    ベースレイヤーの素材について

     

    メリノウール

    登山のベースレイヤーの選び方

    メリノウールは一般的に化学繊維よりも温かく、寒い状況の中で最も適したベースレイヤーの素材です。

    また、薄手のメリノウールであれば夏の温かい状況下でも汗を適切に吸収し、快適に登山ができます。

     

    メリノウールは普通のウールと比べて繊維が細くて肌ざわりが良く、かゆくなることはありません。

    また、その消臭機能は素晴らしく、汗臭さががほとんどありません。

    初めてメリノウールを着た時は、この点でとても感動します。

    夏場に何時間あるいても臭わないこの性質のため、テント泊のように同じものを数日着る場合はとても重宝します。

     

    化学繊維

    登山のベースレイヤーの選び方

    化学繊維(ポリエステルやポリエステル混)は雨が降るようなじめじめとした天気、汗が噴き出るようなコンディションでも気持ちよく登山ができます。

    オールマイティーな素材です。

    技術が進歩して、汗の吸収・発散性に優れたものが次々と出てきています。

     

    値段が安いものから高いものまでありますが、暴風雨のような厳しいコンディションでなければ安価なベースレイヤーでも問題ないです。

    また、ランニングウェアのTシャツなど、他のスポーツのもので代用できます。

     

    メリノウールと比べると、劣っているのは防臭性能です。

    汗をたくさんかいたら、その匂いを防ぐことはできません。

     

    パタゴニアの「キャプリーン・エア」のようなメリノウールと化学繊維の混合素材の場合、「防臭性能」と「汗の吸収発散性」の両方を兼ねています。

     

    登山のベースレイヤーの選び方
    下着は素材はポリエステル混で綿が入っていないものをチョイス。写真はユニクロのもの。厳冬期登山でも問題なく使えます。

     

    季節・気温で選ぶベースレイヤーの生地の厚さ

    ベースレイヤーは選ぶ時は、生地の厚さに注目しましょう。

    夏場のように暑い時は薄手のものを、初春、冬、晩秋のような寒い時期にはより厚手のものが良いです。

     

    ただ、見た目にはどの季節・気温に適したもの分かりにくいこともありますので、店員さんに聞いたり、ネット通販であればよく説明文を読みましょう。

     

    半袖か長袖か。Tシャツでも問題ない?

    ベースレイヤーの選び方

     

    登山では一般的に長袖が好まれます。理由の一つは日焼け対策。

    半袖シャツで森林限界を超えた尾根で長時間歩くと、日焼けがひどくなり体調を崩してしまうことがあります。

     

    日焼けは思っている以上に体にダメージを与えます。

    縦走やテント泊など、長時間登山をする場合は日焼け対策は重要です。

     

    長袖が良いとされるもう一つの理由は怪我の防止です。

    山では岩場を手を使って登ったり、木々の間をすり抜けたりと体が傷つくような場面がいくつもあります。

    長袖であればそのような場所でも体に傷がつくのを防いでくれます。

     

    「半袖ではいけないのか?」そんなことはありません。

    僕は暑い夏場には半袖を着て登山をすることが良くあります。

    日焼け止めを塗って、体に傷がつきそうな場所ではハードシェルを着れば問題を防ぐことができます。

     

    寒いコンディションで着るベースレイヤーにあるといい特徴

    雪山の服装

    風が強い、気温が低い厳しい気候の高山や、雪山で着用するベースレイヤーにはより防寒性能を持ったものがおすすめです。

    例えば、フードが付いているもの。顔をすっぽり覆うことができます。

    上にベースレイヤー、シェルを羽織れば、厳しいコンディションでも快適に登山ができます。

     

    また、手先を広くカバーするベースレイヤーもあります。

    寒い時は手先・指先を冷えから守ることができます。

    登山のベースレイヤーの選び方
    フード付きのベースレイヤーは寒いのコンディションで重宝します

    登山のベースレイヤーの選び方
    手先をカバーするベースレイヤー。

     

    [Mammut] インナー (マムート) パフォーマンス サーモ ジップ ロング スリーブ

     

    [ミズノ] ブレスサーモアンダーウェア ウール・ヘビーウエイト(ウール厚手) クルーネック長袖メンズ
    [ミズノ] ブレスサーモアンダーウェア ウール・ヘビーウエイト(ウール厚手) クルーネック長袖メンズ A2JA5517

     

    パタゴニア公式サイト メンズ・キャプリーン・クール・デイリー・フーディ

     

    ◆関連記事
    ・(夏・春・秋)登山・トレッキングの服装・レイヤリングの基本
    ・僕の日帰り登山の「持ち物・装備」を詳しく写真で紹介する
    ・登山用レインウェア(雨具)のベストな選び方
    ・登山の靴下の選び方
    ・僕が登山に持っていくダウンアイテムを紹介する

    ニックネーム:TA-DA
    日帰りからテント泊、雪山を愛する山男

    スポンサーリンク


    本日の人気記事

    コメントはお気軽にどうぞ

    メールアドレスが公開されることはありません。

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。