登山テント泊の装備・グッズの総費用は10万円なり

    テント泊の登山。

    魅力的満載ですが、結構お金がかかります…

    節約してお金を貯める、奥さんと交渉する、などなどしなければいけません。

    後者は人によっては槍ヶ岳、いや剣岳に勝るとも劣らない険しい道のりになるかもしれません(笑)

     

    この記事では、登山テント泊の装備・グッズの費用についてどれぐらいかかるのか?書いていきます。

    夏の燕岳 テント泊の服装について

     

    目次

     

    テント泊の基本装備の費用は?

    いきなりですが、テント泊をするために最低限必要な道具は次のものです。

    • 山岳テント
    • シュラフ(寝袋)
    • 登山マット
    • テント泊用ザック

     

    値段も割りと良心的で、質も安心できるモンベルで計算してみると、

    ¥82,492(税込み)となりました!

    高い!(笑)

     

    amazon価格で調べています。

     

    ちなみに、僕の場合はもう少しかかって10万円ぐらいでした。

     

    続いて、テント泊に必要な小道具を見てみます。

    人によってはこの装備を揃えなければいけません。

     

    ◆関連記事
    ・テント泊に使うザックの選び方
    ・山岳テントの選び方
    ・登山マットの選び方
    ・登山用シュラフ(寝袋)の選び方

     

    テント泊に必要な小道具たち

    登山のテント内の整理の仕方

     

    必須の道具に料理道具があります。

    これは日帰り登山してる人でも持っている人はいるでしょう。

     

     

    料理道具一式で、¥11,084(税込み)です。

     

    その他、水を入れるウォーターキャリー、テント内の灯りランタンを入れてみます。

     

    ランタンは最悪、なくてもヘッドライトで応用が利きます。

     

    こう考えると、費用10万円が一つの目安になりますね。

     

    紹介したもの以外に細かいものを上げると、予備の電池、ダウンジャケット(インサレーションウェア)、エマージェンシーキットなどなど。色々あります…

    このような装備を持っていない人は、購入する必要になります。

     

    下記の記事も参考にしてください。

    2泊3日テント泊登山の装備・持ち物一覧を紹介 – 春・夏・秋季(無積雪期)

     

    ◆関連記事
    ・無積雪期・積雪期テント泊登山の服装 – 防寒着と寝間着の必要性について
    ・登山用バーナーのベストな選び方 – ポイントは火力にあり
    ・おススメのクッカー、登山用食器、カトラリーを紹介する
    ・登山用のウォーターキャリーと水筒について考える

     

    テント泊で継続的にお金がかかるもの

     

    テント泊は装備を揃えても、継続的にお金がかかるものがあります。

     

    まずは、食料。テント泊の度に出費となります。

    例えば、一泊二日のテント泊を考えると、

    • 当日2食:昼、夜   ¥1,000×2 = ¥2,000
    • 翌日2食:朝、昼   ¥1,000×2 = ¥2,000
    • 予備3食:¥1,000×3 = ¥3,000
    • 行動食  :¥1,500

    合計:¥8,500

    となります。結構かかりますね。

     

    ◆関連記事
    僕がおすすめする山ごはん・行動食について(フリーズドライ・レトルト・缶詰で究める山飯)

     

     

    そして、バカにならないのが交通費!

    これは場所によりますが、例えば新宿から北アルプスの上高地に行く場合、直行のバスを使っても往復2万円弱かかります。

     

    ◆参考サイト
    さわやか信州号(直行バス)

     

    電車とか乗り継いでいくと、さらにお金がかかります。

    登山口へのアクセスが悪い場合、タクシーを使うこともあるので4~5万円かかることも…

     

    小屋泊との比較

    「まずはテント泊でなくても、泊まりの登山をしたみたい!」

    「とりあえず、北アルプスの高山に登ってみたい」

    そんな方は、小屋泊で始めるのもいいと思います。

     

    テント泊と比べると自由度が下がりますが(知らない人が隣で寝る・消灯時間がある・食事の時間が決まっている・夜中に外に出づらいなど)、初期投資は少なく済みます。

    だいたい、一泊二食付きで1万円ぐらいです。

     

    テントなどの荷物も背負う必要はないので、通常の日帰りリュック(30-35リットル程度)で行けます。

    日帰り登山の持物以外に必要なのは、予備の衣類など微々たるものです。

     

    それでも僕がテント泊をおススメする理由

    この記事では、登山テント泊の装備・グッズの費用について書いていきました。

    最初は山小屋泊から始めるにしろ、テント泊は是非、挑戦してほしいです!

     

    「自分でテントを持ち上げて、設営して、疲れ切った中で食べるうまいご飯」

    「夜中に吹く風の音・森が揺れる音・早朝に鳥が鳴く声が、布一枚通してダイレクトに伝わる」

    「寒い夜に、暖かいシュラフに潜り込む至福の瞬間」

    「夜中にふと目を覚まして、テントのジッパーを開けると満点の星空」

     

    こういうのは、テント泊じゃないと経験できないですから。

     

    ◆関連記事
    初めての登山テント泊「初心者ガイド」- テント場・ルール・道具・パッキング・食料

    スポンサーリンク


    本日の人気記事

    コメントはお気軽にどうぞ

    メールアドレスが公開されることはありません。

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。