テント場について知っておくべき10のルール・マナー

    登山のテントを張る場所をテント場とかテン場と言います。山のキャンプ場のことです。

    テントを張る場所は指定されていて、どこでも張っていいわけではありません

     

    事前にテント泊が可能な山なのかどうかを確認する必要があります(冬季テント泊、また遭難した場合、明らかに身の危険を感じる場合などは、テントを張る場所は問わないという暗黙のルールがあります)。

    また、テント泊をするにあたって、テント場の知っておくべきルールやマナー、注意すべきことがいくつかあります。

    これを知らないと怒られることもあるので覚えておきましょう(笑)

    目次

    1. テント場について
    2. テント場の予約について
    3. テント場への到着時間について
    4. テントを張れる数には限りがある
    5. テント場に到着したら受付をしよう
    6. テントを張ったら出かけてもOK
    7. トイレについて
    8. 大きな音、騒ぐのはNG!
    9. ゴミは必ず持ち帰る。食べ物、汁類も捨てるのはNG
    10. テント場の朝は早い

     

    1. テント場について

    色々な山で登山をしていると気づきますが、テントが張られている山とそうでない山があります。

    すべての山がテントを張って泊まれるというわけではないんです。

    例えば、関東で人気の丹沢山塊は幕営が禁止されています。一般の人が多く登るような山は、テント泊できないところが多いように感じます。

    テント泊ができるかはインターネットで調べると分かることが多いです。

     

    僕はインターネットと合わせて、登山地図(山と高原地図)で必ず調べます。

    地図には幕営可能ならテントマークが記載されています。

    テントを張れる場所は山小屋の近くにあることが多いですね。

    20170716_kitadake_map_tent_field

     

    2. テント場の予約について

    山小屋での宿泊の場合は事前予約の必要な場合がほとんどですが、テント場はその必要はありません。

    ただし、大人数の場合は場所によっては予約が必要な場合があるので、インターネットで山小屋のホームページを調べたり電話して確認しましょう。

     

    3. テント場への到着時間について

    なるべくならお昼過ぎには到着しましょう

    テント場は場所によって居心地が大きく変わります。

    早く着けば、その分、地面が平らなところうあ眺めがいいところなどを確保できます。

     

    ただ、スケジュールによってはお昼に到着できないこともあるでしょう。

    それでも暗くなる前の15-16時に到着するようにしたいところです。

    16時を過ぎるようなスケジュールは見直しが必要だと思ってください。

     

    4. テントを張れる数には限りがある

    テント場が狭い山やものすごく人気のテント場は注意が必要です。

    テント場の広さは限られているので到着時間が遅かったり、紅葉や連休などの込み合う時期はとテントが張れない可能性があります。

    そんな場合は最悪、山小屋に泊まらなければならなくなるかもしれません。

    テント場の広さ・幕営可能な数、時期的に混雑するのかを事前に確認しましょう

     

    5. テント場に到着したら受付をしよう

    受付でお金を払って手続きをしましょう。山小屋で受付をすることが多いです。

    値段は一泊が500円~1,500円が相場です。

    二泊以上する場合は、その分の料金を徴収されるので受付の人に伝えましょう。

     

    また、山小屋では釣銭が限られているため、一万円札や五千円札は出さず事前に両替などをしておくと親切です。

    受付が済むとお金を払ったことを証明するカードや紙のようなものがもらえます。これをテントに括りつけましょう。

    これを見て山小屋の人はテント場の人がお金を払ったかどうかチェックしています。

    翌日、テント場を離れる時にこのカードを返却しましょう。

     

    ◆関連記事
    ・2泊3日テント泊登山の装備・持ち物一覧を紹介 – 春・夏・秋季(無積雪期)
    ・テント泊に使うザックのベストな選び方 – ポイントはヒップベルト!

     

    6. テントを張ったら出かけてもOK

    テント泊でサンダルを履くということ

    テントを張ったら、そこに荷物を置いて出かけても問題ありません。

    そこからは自由時間であなたがやりたいことができます。

    お昼寝するも良し、周りを散策するも良し、ビールを飲むも良し(笑)

    時間に余裕があるのなら、近くの山に登るのもいいでしょう。夕方前にはテントに戻れるようにしましょう。

     

    7. トイレについて

    テント場の近くにあるトイレは使っても問題ありません(山小屋の中にある場合は受付の人に確認しましょう)。

    お金を払って入る場合もありますのでl(大体100円ぐらい)、小銭をいくらか持っておきましょう。

     

    山小屋が管理しているトイレは普通のトイレとは違うことが多いです。

    例えば、最近は水洗も増えてきたが、まだまだポットン便所が多いです。

    そのようなトイレの場合、お尻を拭いた紙はゴミ箱に捨てたりと、最初はショックを受ける決まりがあったりします。

    ◆関連記事
    登山テント泊でのお風呂・トイレ・歯磨き

     

    8. 大きな音、騒ぐのはNG!

    テント場の消灯はめちゃ早いです

    翌朝の行動が早朝になる人は、それに備えて8時頃から眠り始める人もザラにいます。

     

    ですので、夜になってテント場で大きな音でラジオを聞いたり、大声でしゃべるのは完全NGです!

    テントは布一枚隔てているだけですし、テントとテントの距離は近いことが多いので、テント内の音は周りに筒抜けになります。

     

    大きな音や騒ぐのは周りの人に迷惑になります。

    僕も何回かそのような場面に遭遇しましたが、そのような人は誰かに怒られています(笑)

    テンションが上がるのは分かりますが、大声でしゃべるのは夕方までにしましょう。

    yatugatake_akadakekousen_tent_field
    八ヶ岳の人気の山小屋、赤岳光線のテント場。地面が平らで快適にテントで過ごせる場所は限られている。隣のテントとの距離も近い。

     

    9. ゴミは必ず持ち帰る。食べ物、汁類も捨てるのはNG

    山にはゴミ箱がないので、必ず自分で出したゴミは自分で持ち帰ることがルールです。

    食材の余りや包装などのゴミを持ち帰るためにビニール袋を用意しておきましょう

    また、食べ物や、汁類は少しでも捨てるのはNGです。汁類は飲み干し、食器類についた食べ物のカスはトイレットペーパー等でふき取って持ち帰りましょう。

     

    10. テント場の朝は早い

    テント泊をする人は、日の出を見たり次の山に行ったりするため朝が早いです。

    朝の4時ぐらいから外でテントをたたんだりする音が聞こえ始めます。

    特にテント場の出発時刻の期限があるわけではありませんが、午前の11時を過ぎたあたりから、その日泊まる人が到着し始めるのでお昼前には出発するとよいでしょう。

     

     

    テント場では色々な人が色々な目的を持って集まります。

    マナーを守って、周りの方への気づかいがとても大切です。

     

    関連記事
    初めての登山テント泊 – テント場・ルートの決め方と道具・服装について
    ・実はテント泊は事前準備が楽しい

    ・テント泊に使うザックのベストな選び方 – ポイントはヒップベルト!

    スポンサーリンク


    本日の人気記事

    コメントはお気軽にどうぞ

    メールアドレスが公開されることはありません。

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。