僕が登山で使っているパタゴニアのR1・R2フリースジャケットをレビュー

    僕はパタゴニアのR1、R2フリースジャケットを愛用しています。

    その機能性に惚れこんで、登山に限らずアウトドアや普段着としても使っています。

     

    皆さんはミドルレイヤー(中間着)は何を使っていますか?

    ミドルレイヤーはその言葉通り、インナー(ベースレイヤー)とアウターの間に着る衣料のことです。

    R1、R2フリースはミドルレイヤーとして至高の一品。自信を持っておすすめできます。

     

    この記事ではRフリースジャケットの特徴・機能性、短所、サイズ感について書いていきます。

    パタゴニア
    パタゴニア R2フリースジャケット
    冬季の南大菩薩の滝子山で使用

    パタゴニア Rシリーズ フリース
    パタゴニアの代表的なミドルレイヤーのレギュレーターフリースシリーズ。

     

    ミドルレイヤーは、インナーが吸った汗をさらに吸い上げて水分を外へ逃がします。

    そのことで肌が濡れて体温が下がるのを防いでくれます。

    また、アウターとインナーの間に体温によって温められた空気の層を作り、冷たい外気から体を守る役割も担っています。

     

    僕は登山を始めたばかりの頃はレイヤリングに特に気を遣っていなかったのですが、パタゴニアのR1を初めて購入してその性能に驚きました。

    一番驚いたのが、汗抜けが良く、すぐ乾くところ。

    山を登っている時に汗で生地の表面が濡れても、気がついたら乾いています。

     

    このフリースを着るようになって、レイヤリングの大切さを学びました。

    適切なレイヤリングを行うことで、汗をかいても肌がびしょびしょにならず、また、体温を過渡に上げ下げしないことで快適に登山ができるようになりました。

     

     

    パタゴニアR2ジャケット
    機能が良いだけでなく、肌ざわりがすごくいいんです。

     

    僕がミドルレイヤーとしてこのRフリースを買った理由は単純です。

    パタゴニアのR(レギュレーター)フリースはミドルレイヤーとして人気だったから(笑)

    最初にR1フリースを買ってその機能性に惚れこみ、その次にR2を買いました。

     

    登山に限らず、スキーヤーやロッククライマーにも愛好者が多いです。

    僕もそうですが、一度このフリースを着るとリピーターになってしまいます。

     

    ところで、パタゴニアのフリース製品がすべてRフリースというわけではないことを知っていますか?

    Rフリースの場合は袖口にRの文字が書かれています。

     

    レギュレーターフリース パタゴニア

     

    この「R」はレギュレーター(調節器)という意味です。

    Rシリーズは番号が振られていて番号が上がるほど保温性が上がります。

    ですので、R2はR1よりも保温性が高いことになります。

     

    R1、R2のようにいくつかの番号があって、自分好みの調節器を選べるというわけです。

    番号の幅は製造年によって違います。最大でR4まであった年もあれば、R3までの年もあります。

     

    まだ、Rシリーズを着たことない人は、

    「どの番号のレギュレーターフリースを買ったらいいのか?」

    が分からないと思います。

     

    僕の場合ですが、

    R1は「夏場の暑い時期」、「晩春や初秋の涼しい時期」に使い、

    R2は「春・秋の気温の低い高山」、「冬山・雪山などの寒い時期」に使っています。

    寒さは人によって感じ方が違うと思いますが、使い分けの参考にしてみてください。

     

    冬季 1泊2日テント泊登山の装備・グッズ一覧を写真付きで紹介する
    厳冬期の南八ヶ岳では中間着としてパタゴニアのR2ジャケットを使用しました。インナーにはメリノウールフーディ、ジャケットはアズ・フーディ。アズ・フーディのレビュー記事はこちら

    04_20161220_r2
    R2ジャケットを生地の裏から見ると透けているのが分かります。適度に風通しを良くすることで体温を調節します。

     

    パタゴニア公式オンラインショップ>>
    パタゴニア

     

    先にこのRフリースの特徴として、

    汗抜けが良く、すぐ乾くところ」を挙げました。

     

    別の特徴・長所として、とても軽くてかさばらないことがあります。

    もともとベースレイヤーを目的として作られているので、生地は通気性を確保するために目が詰まっていません。

    そのために軽くてかさばらないんです。

    ザックにも小さく収まり、持ち運びに便利です。

     

    その他の特徴には動きやすさがあります。

    適度に伸び縮みして、体の動きを妨げることがないです。

     

    パタゴニア R2ジャケット
    風がなければ冬の季節はベースレイヤーの上にR2ジャケットを着るだけで快適に登山ができます

     

    Rシリーズのフリースはベースレイヤーですので防風性能はありません

    樹林帯の中など風がない場合はこのフリースだけでも問題ありませんが、風が強い場所となるとこのフリースだけだと一気に体温を下がります。

    そのようなところでは、ハードシェルと組み合わせると快適です。

     

    さてさて、Rフリースのいいところばかりを書いてきましたが、悪いところもあります。

    ずばり、その値段です(泣)

    定価だと2万円を超えます。高い!

    セールになると1万5千円ぐらいになりますので、最初はそのタイミングで買うのがいいと思います。

     

     

    最後にRフリースのサイズ感についてです。

    僕は慎身長170センチ、体重63キロですがSサイズを使っています。

    やや細身の作りになっています。

     

    パタゴニアのサイズ感についてはこちらの記事を参照ください。

     

    パタゴニア公式サイト メンズ・R1フルジップ・ジャケット クライミング Navy Blue

     

    パタゴニア公式サイト メンズ・R1フーディ クライミング Grecian Blue

     

    パタゴニア公式サイト メンズ・R2ジャケット クライミング Peppergrass Green

     

    amazonでRフリースを探す >>

     

    パタゴニア公式オンラインショップ>>
    パタゴニア

     

    ◆関連記事
    ・僕が登山で使っているパタゴニア製品をまとめて紹介する
    ・僕が登山で使っているパタゴニア トレントシェル、アズ・ジャケット レビュー
    ・パタゴニアのサイズ感について
    ・パタゴニアのセールはいつから始まるのか…

    スポンサーリンク


    本日の人気記事

    コメントはお気軽にどうぞ

    メールアドレスが公開されることはありません。

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。