紅葉の涸沢から北穂高に登り、その岩々感に感動した思い出(2泊3日テント泊)

    2015年の9月30日から10月2日にかけて、紅葉の季節に涸沢に出かけました

    僕のとっては初めての涸沢。上高地も初めてで、とてもワクワクしていたのを覚えています。


    それに、紅葉の涸沢は景色がとても綺麗と言うのを聞いていて、

    「どんな景色がみれるのかなあ」と思いながら、テントを背負って歩いたのでした。

    上高地バス停近く
    上高地の梓橋付近

    日程は次の通り

    初日が上高地バス停~横尾。

    次の日が横尾~涸沢に行ってテントを張り、身を軽くして北穂高の往復。

    最終日は涸沢から上高地へ。

     

    初日のことははっきりとは覚えていませんが、梓川の透明なこと、上高地の雄大なことに感動したのを覚えています。

    それから、芝生が広がる徳沢キャンプ場の側を通ったことも記憶してます。

    「なんて気持ちの良さそうな場所なんだ。いつかここでテントを張りたい!」

    そう思って、去年は徳沢でテント泊をしたのでした


    この日は天気が良くなくて、出発直後の曇りから眠るころには防風雨に。

    とにかく、雨風が台風並みに強烈で、テントはバタついてあまり眠れませんでした。

    横尾大橋にかかる虹
    横尾大橋にかかる虹。いい写真ですが記憶にありません(笑)

     

    2日目は横尾から涸沢へ

    森がどんどん深く、気が大きくなっていくのを、「いい道だな」と思ったことを覚えています。

    ここは人が多いので、道迷いなどの心配は全くありませんでした。そういう意味では涸沢の王道ルートは安心です。

    特に紅葉の季節もあって、人が多かったですね。

    横尾から涸沢へ
    横尾から涸沢へ向かう。この日も朝は曇りの天気でした。ただし、紅葉が素晴らしかった。


    涸沢に近づくにつれて、木々が赤とか黄色とかに色づいてきました。

    ちなみに、横尾までは紅葉は良く見えませんでした。


    もう、その紅葉は圧倒的。

    ズラーと山の下から山の上まで黄色が綺麗なんですね。

    たまに入る差し色の赤がまたいい感じ。


    登山人も皆、眺めのいい場所を見つけては、紅葉に見とれていました。

    そんなこんなで涸沢に着いたのですが、その頃には天気は晴れて、紅葉もより一層美しさを増していました。

    紅葉の涸沢
    紅葉の涸沢。この頃には天気も晴れてきました。


    初めての涸沢は、思っていたイメージとは違っていました。

    どう思っていたのかは忘れてしまいましたが(笑)、

    「地球上にこんな場所があるものなのか」とびっくりしましたね。

    これが涸沢カールですかと。


    特殊な地形ですよね。

    周りを穂高の山に囲まれて、まるで隠れ家のような場所。

    穂高の山は壁のように圧倒的な存在感で、240度(ぐらい?)ぐるっと涸沢を囲んでいます。

    涸沢より見る穂高連峰
    涸沢カールのパノラマイメージ。拡大画像はこちらをクリック


    涸沢に着いたら、テントを張って、身を軽くして北穂高に登りました

    体調も良く、スイスイ登っていけました。

    紅葉の涸沢


    北穂高は梯子や鎖場など、気を付けるべきポイントがいくつもあります。

    気を抜くと、あの世に行ってしまうような場所もあります。

    それから、とにかく岩です。岩がゴロゴロした登山道です。穂高連峰は岩山連峰ですね。

    北穂高のハシゴ
    北穂高の岩道と高さのあるハシゴ。気を抜けない場所も多いです。

    北穂高は岩山
    赤の矢印のとこに人がいるのが見えますか。穂高連峰はこのように大きな岩がゴロゴロしています。


    しばらく登ると前・奥穂高や涸沢岳なんかが良く見えてきます。

    その岩々らしくギザギザした尾根は見ただけでも、危険な香りがプンプンします。

    その一方、「あそこを歩いたら気持ちいいんだろうな」という気持ちもあって複雑なこの感情(笑)

    前穂高から伸びる尾根
    前穂高から伸びる尾根


    北穂高の山頂に着いたのは確か13時頃。

    運よく天気も晴れて、槍ヶ岳が綺麗に見えました。

    それにやっぱり岩! この岩々感には驚きましたし、これが穂高かと感動しました。

    北穂高から見る奥穂高
    北穂高から見る奥穂高方面。この岩感が好きです。

    穂高の岩々感
    んー、いい岩してますね。

    北穂高山頂
    北穂高山頂から南の方面

    北穂高山頂
    こちらは常念に大天井方面の眺め。

    北穂高山頂から見る槍ヶ岳
    ひょいと頭を出した槍ヶ岳も見えました


    存分に頂上を堪能して、涸沢キャンプ場に下山。

    ご覧の通り、涸沢はテントだらけ。まだ、紅葉の季節にしてはこれは少ない方らしいです。

    こんなにテントが張られるのは、日本ではここ以上のところがあるのでしょうか。

    涸沢のテント


    写真は残っていないのですが、次の日も朝は晴れていて、朝日に照らされる穂高の山々がこれまた綺麗でした。

    最終日は、ここから涸沢バス停まで一直線。

    お昼頃のバスに乗って帰ったのでした。


    以上、秋の紅葉涸沢の思い出でした。

    また、いつか行きたいなー

    スポンサーリンク


    本日の人気記事

    コメントはお気軽にどうぞ

    メールアドレスが公開されることはありません。

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。