パタゴニアのテルボンヌ・ジョガーズ レビュー【特徴・サイズ感】

    パタゴニア テルボンヌ・ジョガーズ

    パタゴニアのテルボンヌ・ジョガーズは超軽量で、軽快に歩ける・走れるパンツです。

    また、デザインもすっきりとしていて街着としてもおすすめの一着。

    この記事ではテルボンヌ・ジョガーズの特徴を紹介します!

     

    目次

    • テルボンヌ・ジョガーズの特徴
      • 動きやすさ・軽さ
      • ポケット
      • ウエスト調整
    • 生地・サイズ感・デザインの特徴
      • 生地について
      • サイズ感・デザインについて
      • 耐久性について
    • 登山パンツとして

     

    テルボンヌ・ジョガーズの特

    テルボンヌ・ジョガーズの魅力はとても軽くて、動きやすく、スポーツウェアとして高機能なところ。

    また、街着として着られるデザイン性の良さがあります。

     

    <動きやすさ・軽さ>

    パタゴニア テルボンヌ・ジョガーズ

     

    最初にこの商品を見た時は、細身の形だったため「動きやすさはどうなんだろう?」と思いました。

    実際にパンツをはいてみると、適度な伸縮性があり、立体裁断となって動きやすい。

    走ったり、登りや下りで膝の曲げ伸ばしを行っても、足の動きを妨げません。

    パタゴニア テルボンヌ・ジョガーズ

     

    加えて、その動きやすさのポイントとなるのは「軽さ」です。

    重さはわずか170グラムしかありません。

    170グラムというと大体スマホと同じぐらいの重さです。

     

    想像しにくいですかね。

    とにかく軽いです。

     

    歩いていても・走っていても重さ何てみじんも感じません。

    この動きやすさ・軽量さが一番の魅力です。

     

    <ポケット>

    パタゴニア テルボンヌ・ジョガーズ

    ポケットはサイドポケットが2つ、バックポケットが一つ付いています。

    サイドポケットは手の平がすっぽり入る大きさで、ジッパーはなし。

     

    パタゴニア テルボンヌ・ジョガーズ

    バックポケットは深さはあまりなく、手の平2/3ぐらいの大きさです。

    こちらにはジッパーが付いているので、走る時などに激しく動く場合で、落としたくないものをしまうのに使えます。

     

    それぞれのポケットの裏地はメッシュ素材になっています。

    そのため、通気性が増してパンツの中が蒸れにくいです。

     

    パタゴニア テルボンヌ・ジョガーズ

     

    <ウエスト調整>

    パタゴニア テルボンヌ・ジョガーズ

    ウエストにはゴムが入っているので、基本的にサイズ調整は必要ありません。

    ただし、ドローコードもついていて、サイズが少し大きいと感じた時はこの紐で調整が可能となっています。

     

    生地・サイズ感・デザインの特徴

    <生地について>

    ウエストバンドと裾以外の素材はポリエステル、DWR(耐久性撥水)加工済みです。

    軽量さを実現するために、とても薄く生地ができていてます。

    ウエストバンドと裾部はポリエステル・ポリウレタン混になっていて伸縮性があります。

    パタゴニア テルボンヌ・ジョガーズ

     

    前述の通り、生地は薄いので真冬にこれ一枚で外を歩くのは寒いです。

    中にタイツなどはくことをお勧めします。

    走るのなら体が温まるので、僕の場合はこれ一枚で大丈夫でした。

     

    <サイズ感・デザインについて>

    僕の身長は170cm、ウエストは78cm、体重は約60キロです。

    パンツは30インチがぴったりサイズ。

    この商品は「Sサイズ」でちょうど良いです。

    ウエスト周り、丈はジャストフィット、脚周りは余裕があります。

     

    パタゴニア テルボンヌ・ジョガーズパタゴニア テルボンヌ・ジョガーズ

     

    デザインですが細身です。

    細身で裾はきゅっと絞れています。

    ダボっとした印象にならないので街着にも合わせやすく、スニーカーとの相性が良いです。

     

    ウルトラライト・ブラックホール・トート・パック

     

    <耐久性について>

    まだ数か月しか使っていませんが、通常の使い方であれば問題はないと思います。

    ただし、生地が通常のパンツより圧倒的に薄いので摩擦には弱いと考えています。

     

    街着やランニング目的で使うのは大丈夫。

    でも、登山やトレランなどで転んだり、岩に擦れたりするような場面では生地に穴が開いちゃうかもしれません。

     

    登山パンツとして

    まだ、ハイキング程度でしか使っていないのですが、軽く動きやすく、蒸れにくいです。

    春・夏・秋の登山では使えるはずですが、

    気温零下、もしくは雪山の環境で、これ一枚で登り下りすることは防寒を考えると厳しいでしょう。

    冬山で使う場合は、気温に合わせてタイツなどのインナーパンツが必須です。

     

    また、生地が薄いので転倒時の怪我予防と言う点では、このパンツはデメリットになります。

    他方、動きやすさ・軽さのメリットがあるので、登山難易度を考えて使えば「かなり使えるパンツ」になると思います。

    この辺りは、実際に登山で複数回使って詳細なレビューをしたいと思います。

    Pocket

    ニックネーム:TA-DA
    日帰りからテント泊、雪山を愛する山男

    スポンサーリンク


    本日の人気記事

    コメントはお気軽にどうぞ

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。