パタゴニアのウルトラライト・ブラックホール・トートパックをレビュー(リュックと2WAYのおすすめバッグ)

    パタゴニアのウルトラライト・ブラックホール・トートパックをレビュー

    パタゴニアのウルトラライト・ブラックホール・トートパックは、トートにもリュックにもなる2WAY仕様になっています。

    さらにリサイクル・ナイロン100%の超軽量。

    使ってみて、「用途が広く、完成度が高いなー」と言うのが感想。

    通勤・通学から、お買い物時のエコバック、旅行先まで色々と重宝しそうなバッグです。

     

    目次

    • ウルトラライト・ブラックホール・トートパックの特徴
      • 2WAY仕様(トート・リュック)
      • ポケット
      • ドリンクホルダー
      • その他特徴
      • コンパクトサイズに変身
      • 耐久性について
    • サイズ感(容量)・デザイン
      • サイズ感(容量)
      • デザインについて
    • トートとリュックの切り替え手順

     

    ウルトラライト・ブラックホール・トートパックの特徴

    <2WAY仕様(トート・リュック)>

    このバッグはトートとしても、リュックとしても使えます。

    とても軽量なリュック(350g)なため、すごく重いものを入れることはおすすめできませんが、日常使いには支障ないです。

    手で持っていて重いと感じたら、リュックにすぐに替えられます。

    ウルトラライト・ブラックホール・トート・パック

     

    見た目からは分かりませんが、リュックの肩掛け紐、背中の当たる部分にクッション性のある薄いフォームが入っていてます。

    そのため、背負い心地がとてもいいです。

    割と重いノートPCを入れても肩紐が食い込んで痛いということはなく、また、背中にPCの硬さも感じない。

    軽量の2WAYバッグながら、完成度が高いですね。

     

    ウルトラライト・ブラックホール・トート・パック

     

    <ポケット>

    ポケットは外側に1つ、内側に1つ付いています。

    内側のポケットは手首まですっぽり入る大きさで、携帯電話、財布、ハンカチなどが入ります。

    プラスで文庫本・単行本を入れる余裕があります。

    トートバッグとして肩にかけた状態でも、物を取り出しやすい位置にポケットが付けられています。

    ウルトラライト・ブラックホール・トート・パック

    ウルトラライト・ブラックホール・トート・パック

     

    内側のポケットは手の平が入る大きさで、スマホは勿論、カードケースやポケットティッシュなどの細々したものを入れるにも便利。

    鍵の紛失を防ぐキーループ付きです。

     

    ウルトラライト・ブラックホール・トート・パック
    内側のポケット 

    ウルトラライト・ブラックホール・トート・パック
    鍵を紛失を防ぐキーループ

     

    <ドリンクホルダー>

    バッグの両サイドにドリンクホルダーが付いています。

    ちょうどペットボトルの500-600mlのペットボトルがすっぽりはまる大きさ。

    ホルダー部分は伸縮性のあるメッシュになっていて、とても出し入れがしやすいです。

    ウルトラライト・ブラックホール・トート・パック

    ウルトラライト・ブラックホール・トート・パック

     

    <その他特徴>

    バッグの上部はジッパーで開け閉めができるようになっています。

    また、紐を引いて入口を絞ることができるので、荷物がはみ出す場合に安定させることができます。

    ウルトラライト・ブラックホール・トート・パック

     

    内側上部にはストラップが付いています。

    これで荷物量に応じてバッグ上部の厚さを調節できるので、形が崩れにくくなります。

    ウルトラライト・ブラックホール・トート・パック

     

    ちょっとしたところですが、トートの持ちては手に持ちやすいように平に加工されています。

    ウルトラライト・ブラックホール・トート・パック

     

    ストラップで肩紐の長さを調整可能です。

    胸部分にもストラップが付いていて、プラスアルファの背負い心地に。

    ウルトラライト・ブラックホール・トート・パック ウルトラライト・ブラックホール・トート・パック

     

    <コンパクトサイズに変身>

    内側のポケットにバッグをたたんで収納可能です。

    とても小さくなりますので、旅行などで使う第2バッグとして活躍しそうです。

    ウルトラライト・ブラックホール・トート・パック ウルトラライト・ブラックホール・トート・パック

     

    <耐久性について>

    冒頭でも書きましたが、このリュックは非常に軽く350gしかありません。

    そのため、すごく重いものを入れることはおすすめできません。

    現在、2kg超のノートパソコン+書類を入れていますが、それぐらいであれば問題ないです。

     

    サイズ感(容量)・デザイン

    <サイズ感(容量)>

    持ち手を除く高さは約40cm。

    15インチのノートPC、A4の書類が入る大きさです。

    27リットルの荷物が入るので、見た目以上に良く物が入ります。

    ウルトラライト・ブラックホール・トート・パック ウルトラライト・ブラックホール・トート・パック

     

    下記ぐらいの荷物は入ります。

    A4サイズのノートPC(MacBook Pro)、A4の書類入れ、ストール、かさ張るパタゴニアのレトロX・ジャケット、加えて折り畳み財布、ハンカチ、スマホ。

     

    ウルトラライト・ブラックホール・トート・パック

    ウルトラライト・ブラックホール・トート・パック

     

    マチが長めなので、バッグの奥行もあります。

    27リットルの容量があるので、日常使いに困ることはないですよ。

    ウルトラライト・ブラックホール・トート・パック

     

    <デザインについて>

    ウルトラライト・ブラックホール・トート・パック

     

    形はすごくシンプル。

    目立ち過ぎず、シンプル過ぎず。

    使い心地に重点を置いたデザインです。

     

    ウルトラライト・ブラックホール・トート・パック

     

    手に持った時にも、背負った時にも 綺麗な形を保ちます。

    1つ注意点。

    持ち手を含めるとバッグの高さが60㎝あります。

    そのため、背が低い人が手で持つとバッグの底が地面に付いちゃいます。

    ウルトラライト・ブラックホール・トート・パック ウルトラライト・ブラックホール・トート・パック

    ウルトラライト・ブラックホール・トート・パック ウルトラライト・ブラックホール・トート・パック

    ウルトラライト・ブラックホール・トート・パック
    ↑身長159cmの人が持った場合、バッグの底が地面に付きました(手の長さは人によって違うのでご参考までに)。

     

    トートとリュックの切り替え手順

    トートバッグ時にリュックの肩紐を見えないようにすることができます。

    肩紐が見えない分、見た目がすっきりします。

    手順は下記の通りでとても簡単です。

     

    ウルトラライト・ブラックホール・トート・パック
    ①肩紐のストラップを外す

    ウルトラライト・ブラックホール・トート・パック
    ②肩紐を背中部分の開閉部にしまう

    ウルトラライト・ブラックホール・トート・パック
    ③最初に外したストラップを、内側にしまった肩紐のストラップにバッグ下の隙間で留める

    ウルトラライト・ブラックホール・トート・パック

    上記のように肩紐がなくなり、見た目がすっきりしました。

     

    以上、パタゴニアのウルトラライト・ブラックホール・トートパックをレビューしました。

    レビューするにあたって改めて細かいところまで見てみましたが、本当に完成度高いです。

    使い心地と軽量化の両方を高いレベルで兼ね備えているので、おすすめです。

     

    パタゴニア公式サイト ウルトラライト・ブラック・ホール・トート・パック 27L

    pata-button

     

    パタゴニア公式サイト ウルトラライト・ブラック・ホール・トート・パック 27L

    pata-button

    Pocket

    ニックネーム:TA-DA
    日帰りからテント泊、雪山を愛する山男

    スポンサーリンク


    本日の人気記事

    コメントはお気軽にどうぞ

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。