角幡唯介の「探検家、40歳の事情」を読んだら、すごく笑えた

    かなり笑えます

    今年一番読書で笑いましたね。
     

    あと、普通に面白いです。興味深い内容の話が多いです。
     

    失礼ですが、やっぱり探検家になる人というのは変人なのかなと(笑)

    どの話も見聞きしたことない内容で面白かったです。

    本の目次は

    • 不惑
    • 母牛の怨念
    • 忘れ物列伝
    • 生肉と黒いツァンパ
    • 無賃乗車
    • 原始人のニオイ
    • 人間とイヌ
    • マライア青春期

    となっています。
     

    僕が好きなのは、「忘れ物列伝」と「生肉と黒いツァンパ」です。

    忘れ物列伝は、正直言って「この人大丈夫かな」と思っちゃいましたね(笑)

    これからの旅が心配になっちゃいます(笑)

     

    生肉と黒いツァンパは、北極の動物の旨い肉ランキングが書かれているんですが、結構丁寧な味の解説が載っています。

    僕も食べたくなりましたねー シロクマとかアザラシとか(笑)

    ジャコウウシは食べたくないです。やばそうです。
     

    この章の最後の部分は、空白の五マイルの登場するモンパ族のご飯「ツァンパ」の話です。

    途中から何となく展開が読めたのですが、それでも面白かったですね。

    今思い出してもニヤニヤしてしまいます(笑)

    自分に置き換えると「きついなー、 いやだなー」って思っちゃいました。
     

    アグルーカの行方を読んだことがある人は、

    あの探検の裏ではこんなことがあったのか!」というエピソードがたくさんあるので、より楽しめると思います。

    スポンサーリンク


    本日の人気記事

    コメントはお気軽にどうぞ

    メールアドレスが公開されることはありません。

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。