角幡唯介の「漂流」を読んだ 

    角幡唯介さんの「漂流」を読みました。

    400ページを超える大作です。読み応えがあります。

    ノンフィクション本ですが、今までに書いた「空白の五マイル」や「アグルーカの行方」のように彼自身の探検をまとめた話ではありません


    この本の主役は、沖縄県は宮古島の佐良浜という漁村の出身の本村実という漁師です。

    彼は船長としてグアム島付近でマグロ漁を行っている最中船が沈み、約一か月もの間フィリピン人船員とともに漂流し、約千キロを流されたあとに救出されます。

    角幡さんはそんな彼の存在を知り、漂流についての本を書くために取材を申し込むのだが、何と…


    これは、本村実という漁師と佐良浜という特殊な漁村の物語です。

    角幡さんらしい自然と人生と死という観点を取り入れて物語は本村実という人物の核心に迫っていきます。
     

    取材は沖縄や佐良浜の漁師や漁業関係者にとどまらず、本村実と一緒に漂流したフィリピン人、彼らを助けた人などフィルピンまで飛んで行われます。

    その彼ら・彼女らの発言をもとに話がまとめられているのですが、取材はかなり大変だったんだろうなと思います。登場人物の多さがそれを物語っています。
     

    この本の面白いポイントは色々あるのですが、僕が一番面白かったのは佐良浜という漁村の栄枯盛衰の歴史です。

    角幡さんらしく緻密に下調べがされ、取材を行いその歴史を紐解いていきます。
     

    ダイナマイト漁、沈船漁りと爆弾爆発による死亡事故、数千・数億円稼いだ漁師たちの派手な乱費、そこからの転落人生…

    そこには今まで知らなかった戦後日本の一つの姿が映っていました。

     

    僕は初めてこのような漁師に関する本を読みました。

    漁師も漁も様々なので、皆が佐良浜の漁師と同じような生活・文化ではないと思いますが、死と隣り合わせので生活を営む漁師たちは、地上で生活する僕らとはその考え方や生き方が違うのかもしれないなと思いました。

    スポンサーリンク


    本日の人気記事

    コメントはお気軽にどうぞ

    メールアドレスが公開されることはありません。

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。