今年のGWは常念岳山行を止めて、雲取山に行く(予定)

    毎年のように、GW(ゴールデンウィーク)はどこかの山でテント泊をしています。

    去年は奥秩父の甲武信岳で残雪のテント泊を行いました。

    その時はスマホ用の充電用の電池を忘れているのに気づき、山行途中でルート変更を余儀なくされましたが思い出深い登山となりました(笑)

     

    今年のGWはどこに行こうかと4月の頭ぐらいから考えていて、久しぶりに残雪の北アルプスへの計画を立てていました。

    以前に残雪期の北アルプスに登ったのは、4~5年前の燕岳。弟と一緒に登りました。

     

    当初の予定は、常念岳から燕岳への2泊3日の縦走ルート。

    2年前の夏にこのルート(一ノ沢~常念岳~大天井~燕岳)を歩いたのですが、この時は2泊3日の内、前半の2日間は雨という天気に恵まれないもので、楽しみにしていた常念岳の山頂からの景色、穂高岳や槍ヶ岳を見ることができませんでした。

     

    常念岳のガレ場
    雲に包まれた当時の常念岳
    常念岳山頂
    山頂は雨だった

     

    さて、今年のGWも近づき、山行の1週間前からは天気予報にくぎ付けの毎日(笑)

    登山好きのあるあるですが、毎日の朝昼晩に天気予報を見ては、「常念岳に行ける天気のか!行けないのか!」をチェックしていました。

     

    チェックし始めた最初の頃は山行日の天気予報は雨。

    「これはダメか…」

    と思っていましたが、山行日が近づくと「曇りまたは晴れ」の天気に。

    ところが、今度は気温が低く、また強風の予報に変わりました。

     

    ちょっとした強風であれば、登山することもままあるのですが、今回の予報は風速が20メートルを超えるというもの。

    常念岳~燕岳のルートを考えると、森林限界も超えているので風を防げる場所もなく、いざという時のエスケープルートもないので今回の山行は断念しました。

    大天井からの急な雪道の下りを考えると、風に煽られて滑落→谷へ墜落なんて最悪の事態になりかねませんしね。

     

    ということで、予定を変更して雲取山へ1泊2日の旅をすることにしました(あくまで予定)。

    常念岳の予報と同じく風が強そうですが、テント場も森に沿ったところにありますし、あそこなら大丈夫かなあと考えています。

     

    雲取山の尾根
    前回登った時の雲取山の写真

     

    雲取山には6年ぐらい前に登ったことがあり、その時は冬でしたが天気に恵まれて素晴らしい景色を見ることができました。

    星空も日の出もとっても綺麗だったなー

     

    今年はどんな景色が見れるんだろう!

    3日後に出発ですが、とても楽しみです。

     

    スポンサーリンク


    本日の人気記事

    コメントはお気軽にどうぞ

    メールアドレスが公開されることはありません。

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。