雲取山の奥多摩小屋が閉鎖する!ショック!

    そのことは、たまたま知ったのでした。

    僕は、「僕のおすすめの登山のテント場を紹介する」という記事を書いていて、その中で奥多摩小屋のテント場を紹介するためにそのホームページを見ていたところ、こんなことが書いてありました。

     

    昭和34年に建設された奥多摩小屋は、多くの登山者にご利用いただいておりますが、施設の老朽に伴い利用者の安全を確保することが困難なため取り壊すことといたしました。
    このため、平成31年3月31日で閉鎖いたします。奥多摩小屋の閉鎖に伴い、テント泊及びトイレのご利用もできなくなりますのでご注意ください。

     

    「奥多摩小屋が閉鎖!?」

    しかも、閉鎖は来年の3月末。もう、一年もない…

    確かに見るからに古い小屋ではあったのですが、修復ではなくて閉鎖となるとは。

     

    雲取山の奥多摩小屋が閉鎖

     

     

    実は、今年のGWはこの「奥多摩小屋」でテント泊をしたばかり。

    閉鎖するなんてことは露知らず、

    「やっぱりいいテント場だなー」

    なんて思いながら、久しぶりの雲取山山行を楽しんでいたのでした。

     

    雲取山の奥多摩小屋が閉鎖
    今年のGWに行った奥多摩小屋テント場

     

    僕にとってこのテント場は思い出深いところです。

    とある12月の雲取山に行ったのですが、その時に奥多摩小屋にテントを張りました。

    が、夜は寒すぎて眠れず(笑)、それでも星がものすごく綺麗で、

    「東京で流れ星が見れるのかー」

    何て感慨に耽っていました。

     

    それから、日の出がものすごく美しかった。

    自分の人生の中でも三本の指に入る美しさ。

    空が黒から青に変わり、地平線が朱色に染まって行く時、まるで異世界の空間を見ているようでした。

    雲取山の日の出

     

    そんな思い出があるものだから、奥多摩小屋が閉鎖となるとちょっと悲しい。

    「今年はあと一回、奥多摩小屋に行こうかな」

    何て考えています。

     

    スポンサーリンク


    本日の人気記事

    コメントはお気軽にどうぞ

    メールアドレスが公開されることはありません。

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。