宮城公博「外道クライマー」が面白過ぎた

    販売当初から気になっていたけれど、なかなか手をつけなかった本がありました。

    宮城公博さん著の「外道クライマー」です。

     

    一昨日から読み始めると、面白くて一気に読み終えちゃいました。

    色んな要素がつまったこの本ですが、何より魅力的で面白いのは、宮城さんという人物そのものです。

    反骨精神にあふれた、まさに野生児。

    それでいて繊細な面も見せるまさに不思議な男です。

     

    本の始めは、和歌山の那智大社が神聖視する133メートル那智の滝を登って逮捕される話から始まります。

    インパクトありすぎです。

    それから、日本一の滝の冬季登攀。台湾の超絶的な沢登り。

    そしてタイの未知のジャングルを川に沿って進み、時には死にかけて約50日歩く冒険的行為。

     

     

    登山・沢登りの内容もすごいのですが、文章が面白くて引き込まれます。

    かなりふざけた、おバカで笑える言葉があるかと思えば、繊細で心をつく言葉があったり。

    魅力的でそれでいて、二癖ぐらいある不思議な文章です。

     

    クライマーと題についていますが、彼は沢登りを愛する沢ヤであります。

    沢登りは山を川に沿って遡行するスタイルで、同じ山登りでも登山とは装備も技術も違います。

    そもそも登山では「道に迷っても沢には近づくな」という言葉があるくらい危険がいっぱい。

    滑るし、滝があるし、下は岩・石だし素人にはかなり危険です。

     

    そんな沢ヤに誇りを持ったスタイルは、自分では無理でも、

    「この文章をもっと読んでいたい」

    そう思わせる本でした。

    是非、また本を書いてほしいです。

     

    外道クライマー
    外道クライマー

    スポンサーリンク


    本日の人気記事

    コメントはお気軽にどうぞ

    メールアドレスが公開されることはありません。

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。