井上靖の「氷壁」読んだ

    井上靖の「氷壁」を読んだ

     

    井上靖の「氷壁」はamazonで山系の本をあさっていると、関連本によく出てくるので気になっていました。

    内容は都内に住む登山家二人のお話から始まります。

     

    二人は一緒に正月、厳冬期の穂高の氷壁に挑むのだが…

    恋愛、会社、登山など日常生活と登山が入り混じった、また人間関係・心理を細かく描写していて引き込まれました。

     

    新田次郎のように登山・自然を中心とした小説というよりも、あくまで人が主役。

    そういう意味では山好きでなくても楽しめると思います。

    50年以上前に出版された小説ですが、全く古臭くありません。

     

    山とともに生きる青年が、登山仲間、会社の上司、好意を抱く相手と向き合おうとする。

    けれども葛藤は続き、山に登ることで自分と向き合おうとする。

    そんな物語です。

     

    氷壁

    氷壁

     

    スポンサーリンク


    本日の人気記事

    コメントはお気軽にどうぞ

    メールアドレスが公開されることはありません。

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。