パタゴニアのトレントシェル・ジャケットの街着コーディーネート

     

    フルジップタイプ、パタゴニアのトレントシェル・ジャケットのコーディネートを紹介します!

    僕が持っているのは赤色です。

    かなり派手な色ですが、意外と合わせやすいですよ。

     

     

    こちらは、先日パタゴニアの大崎店で買ったベンガ・ロック・パンツとのコーディネート。

    ライトブラウンのパンツは色々なトップの色がどんなものでも合わせやすいので、1枚あると重宝します。

     

     

     

    こちらは、チノパンとのコーディネート。アークテリクスのリュックを背負えば、アウトドアな街着の着こなしができます。

     

    ARC’TERYX(アークテリクス) MANTIS 26
    ARC'TERYX(アークテリクス) MANTIS 26 Backpack マンティス 26 バックパック 7715 Black II ブラック2

     

     

     

    シンプルなデザインのジャケットなので、濃い色のデニムとも、

    こちらはミレーのポーチをコーディネートにセレクト。

     

    薄い色のデニムとも相性がいいです。

     

    フード部分に本体をまとめればコンパクトになるので、リュックにしまっても邪魔になりません。

     

    こちらは、登山用にRPSロック・パンツに合わせたコーディネート。

    本格的なアウトドアでも使えるジャケットです。このジャケットを着て、いくつの山を登ったことか。

     

    フード部分はやや大き目に作られていて、頭がすっぽりと入ります。

    また、フードの後ろにドローコードが付いているので、風が強い時などはこのコードを引っ張って、より頭にフィットさせることも可能です。

     

    脇下には大きく開くジッパーが付いているのですが、ジャケットに熱がこもって厚くなった時は、ジッパーを開けば風通しが良くなり涼しくなります。

     

    H2Noパフォーマンス・スタンダードは、パタゴニア独自の2.5層構造の防水性・透湿性を備えた素材のこと。

    本格的なアウトドアウェアとして防水・防風性だけでなく、汗をジャケットの外に逃がす機能が備わっています。

     

    裾にはドローコードがついていて、気温が低い時、風が冷たい時など体温を外に逃したくないときはこれで裾を締めます。

     

    後ろから見るとこんな感じ。シンプルで主張しすぎないデザインで、どのようなアイテムにも合わせやすいので、長年使っているジャケットです。

     

    スポンサーリンク


    本日の人気記事

    コメントはお気軽にどうぞ

    メールアドレスが公開されることはありません。

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。