シュラフ圧縮でパッキングに効果的!SEA TO SUMMIT eVentコンプレッションドライサック レビュー

    前々からどうにかパッキングをもっと上手くできないか考えていました。

    特に積雪期はアイゼンを始めとして、ザックの荷物が増えるため僕の65リットルのザックはパンパンになります。

     

    今回、春の甲武信ヶ岳に行くにあたり購入したのがコンプレッションサック

    SEA TO SUMMIT(シートゥサミット) のeVentという防水性能もある物にしました。

     

    SEA TO SUMMIT(シートゥサミット) eVentコンプレッションドライサック

     

    サイズはMサイズ。

    今回のテント泊で圧縮したのは、もンベルの スーパースパイラル ダウンハガー 800です。

    3シーズン対応のシュラフです。

    まずは、シュラフ購入時に付属していた袋に入れた写真がこちら。

     

    SEA TO SUMMIT(シートゥサミット) eVentコンプレッションドライサック

     

    隣に比較しやすいようにペットボトルを置きました。

    次の写真がコンプレッションサックにシュラフを収納した写真です。

     

    SEA TO SUMMIT(シートゥサミット) eVentコンプレッションドライサック

     

    かなり小さくなりました! バレーボールみたいな形・大きさです(笑)

    このサックのいいところは、もちろんシュラフを小さくできるところですが、それだけではありませんでした。

    収納がかなり楽です。

     

    口が大きいので、シュラフを畳むことなく適当に押し込んで収納することができます。

    圧縮も4本の紐を引くだけで、力もいらず簡単・あっという間にできてしまいます。

    早く買っておけばよかったと思った一品でした。

    冬場なったら、冬季用のシュラフ用にLサイズを購入したいと考えています。

     

    SEA TO SUMMIT(シートゥサミット) eVentコンプレッションドライサックM 1700062
    SEA TO SUMMIT(シートゥサミット) eVentコンプレッションドライサックM 1700062

     

    ◆関連記事
    ・冬季用シュラフで使っているコンプレッションバッグ イスカ(ISUKA) の圧縮収納袋をレビュー

    スポンサーリンク


    本日の人気記事

    コメントはお気軽にどうぞ

    メールアドレスが公開されることはありません。

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。